写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開する合金玩具「超合金魂」より、「超合金魂 GX-71 百獣王ゴライオン」が2016年12月に発売されることが明らかになった。価格は32,400円(税込)。

「超合金魂」シリーズは、1974年発売の大ヒット商品『超合金 マジンガーZ』からスタートしたダイキャスト製ロボット玩具シリーズのひとつで、光り輝く金属ボディにさまざまなギミックを導入。ロボットごとに異なるアプローチに挑戦し、これまでにさまざまなスーパーロボットや戦艦が立体化されている。

「百獣王ゴライオン」は、1981年よりTV放映が開始されたアニメ『百獣王ゴライオン』に登場した主役メカ。1981年には「DX超合金 未来獣合体ゴライオン」が発売され、当時9,800円という高価格にも関わらず、43万個という超合金史上最大の売り上げを記録した。

「超合金魂 GX-71 百獣王ゴライオン」は、外観のディテール、五獣合体システム、ダイナミックなポージングなどを、超合金魂フォーマットの中に可能な限り搭載。さらに合体後の象徴的な必殺技シーンの叫び顔は顔パーツ差し替えで再現可能に。また、各獅子のお座りポーズまで考慮した可動機構により、作中通りの幅広いポージングが可能となっている。

商品には各獅子に装備できる銃型武器、剣型武器をはじめ、五獣合体ロボット時に装備できる十王剣やスペースカッターも付属。加えて、これら全ての付属パーツを収納できる、作中の城をモチーフにした台座も同梱される。

全国の家電量販店、ホビーショップ、オンラインショップなどでの予約開始は、7月20日を予定している。

TM&(C)World Events Production, LLC. Under license to Classic Media,LLC.