『真・一騎当千』1巻

写真拡大

 三国志の英雄たちの魂を受け継いだ高校生たちが、その強さを競い合う人気バトルマンガ『一騎当千』の続編『真・一騎当千』の第1巻が2016年8月30日(火)に発売されることが決定した! この発表には「嬉しい! 引き続き集めるぞ〜!」「待ってました!!」と喜びの声が上がっている。

 2000年より塩崎雄二が『月刊コミックガム』で連載していた『一騎当千』。同誌が一時休刊となると、連載の場をWEBマンガサイト「コミックガム」に移すことに。そして2015年11月30日発売の『ヤングキングアワーズ』2016年1月号からタイトルを『真・一騎当千』と改め、新連載として生まれ変わった。

 『一騎当千』の物語は、三国志の英雄たちの魂を封じ込めた勾玉を持ち、その宿命を受け継ぐ“闘士”と呼ばれる南陽学院の高校生達が、全国制覇を目指してバトルを繰り広げるというもの。17歳の女子高生である主人公・孫策伯符は母親に命じられて南陽学院に転入し、とぼけた性格ながら、その隠された強さを見せつける。しかし高校では伯符抹殺指令が下されて――。

 同作の大きな見どころとして、女子高生の服が破れたり、おもらししたり、パンチラが頻繁に描かれたりといったお色気(?)要素が上げられる。また、登場する女の子のスタイルがケタ外れによく、主人公の孫策も驚くべき爆乳を持っている。これに読者からは「極めて高いエロ度が素晴らしい!」「スタイル抜群の女子高生が男子高校生とバトルして圧倒的な強さを見せるとか、たまりません!」「まずお色気ありき、という作者の姿勢が良いですな! 勿論バトルシーンも迫力満点」と絶賛の声が上がった。

 また、登場するキャラクターも同作の魅力。孫策は、南陽学院の頭主となった爆乳天然女子高生闘士。水氣の力を宿し、屈強な男子高校生たちをものともせぬ戦闘力を持っている。趣味は戦闘と寝ること、という無類の喧嘩好きであり「孫策の戦うシーンはとにかくエロカッコいい!」と熱い支持を得ている。

 また、特に人気が高いキャラクターを挙げると、成都学園で最強の強さを誇る闘士・関羽雲長だろう。三国志の関羽と同様、他のキャラクターを圧倒する戦闘力を持ちながら、同作でおなじみの失禁シーンの中でも、特に関羽の失禁は頻繁に描かれる。青いロングヘアーと巨乳、やたらと短い制服のスカートという美しいビジュアルで「冷艶鋸」と呼ばれる青龍刀を駆使して戦う姿に「関羽たまらん」「圧倒的な強さを誇りながら失禁するとかギャップすごすぎて好き!」と夢中になるファンが多い。

 そんな同作は2003年にTVアニメ第1期がスタートし、2012年に第5期に当たるOVA作品を挟んで、2015年にかけて第6期まで放送されている。またバトルゲームの発売や、パチンコでの展開も見せ、マンガ以外のジャンルでも多くのファンを掴んでいる。

 『真・一騎当千』では遠征に出たきり音信不通になり、空いた四天王の座を巡って学院はバトルロワイヤル状態。そこへ少しとぼけた性格の孫権仲謀が南陽学院に登場。さっそく学院の洗礼を受けるというところから始まり、バイオレンス空間になってしまった学院に運悪く転校してきた孫権の運命が描かれる。読者からは「バナナの皮踏んで上手く蹴り入れるとか、孫権の未知数の戦闘力に期待!」「孫権がおとぼけキャラなだけにハラハラが半端ない」「おもらし、お色気が健在でホッとした!」「新連載になっても相変わらずのバトルシーンの迫力! これからが楽しみだ〜!!」と興奮の声が上がっている。

 さらに、そんな同作のコミックス第1弾が発売決定し、「また引き続き一騎当千の世界が手に入るなんて、感激だ!」「休刊したりWEBに移ったりでどうなることかと思ってたけど、変わらず面白いし単行本も発売されるなんて最高!!」「単行本買って何度も読み返すぞ〜」とファンの喜びもひとしお。

 激しいバトルシーンとお色気が圧倒的支持を得ている同作。男も女も関係ない力至上主義の厳しい世界を覗いて、ハラハラしてみてはいかがだろう?

■『真・一騎当千』1巻

著:塩崎雄二

発売日:2016年8月30日(火)

出版社:少年画報社