装置の外観

写真拡大

NTTドコモは2016年7月20日、皮膚から放出される複数種類のガスのうち、脂肪代謝・飲酒・脱水の指標となる3種類のガスを足裏から同時に計測できる健康管理装置を世界で初めて開発したと発表した。

スマートフォンやタブレットで確認

新しい装置は、脂肪代謝の指標となるアセトンのほか、飲酒の指標であるエタノールと脱水の指標の水蒸気の3種類を、約20秒間体重計のように乗ることで同時に計測できる。計測値に基づいた体脂肪の燃焼状態などの結果は、スマートフォンやタブレットで確認できる。

アセトンは体脂肪の分解・燃焼に伴って放出される代謝産物であるため、体重と同時に計測することで、減量が体脂肪の減少によるものなのかどうかを、より正確に特定することができる。

こうした脂肪代謝の「見える化」による効率的なダイエットの確認が可能となり、生活習慣病の元となる肥満の解消・予防につながることが期待できる。

アセトンの放出量が異常に多い場合は、過度なダイエットの可能性があるため、そのようなダイエットの注意喚起につながる。