話題のカメラアプリ「Prisma」に「SNOW」を組み合わせると本当に凄い(世永玲生)

写真拡大


こんにちは、世永玲生です。今回は「Prisma」と「SNOW」というカメラアプリの紹介です。

「SNOW」は若い女子の間で人気となっている、ユニークなエフェクトをかけられるアプリですが、最近じわじわと流行っているのが「Prisma」。この2つを組み合わせることで、ユニークかつアート感溢れるオリジナルアイコンを作ることができるので、その方法をさっそく紹介してみたいと思います。素敵な写真を簡単に誰でも作れるので、これは本当に激推しです。

シンプルで使いやすい「Prisma」のUI

「Prisma」を起動すると、いきなりカメラ画面となるので物凄くシンプルです。そのまま写真を撮影してもいいですし、カメラロールから写真を選択することも可能です。

まずは適当にパチリ。

すると、このようなフィルター選択画面になります。

選択すると、こんなフィルターがかかります。このフィルターは通常のカメラアプリとは違い、グーグル社の「Deep Dream」の様にAIが描写をしているので、ストローク感のある作風に仕上がるのが特徴です

設定画面からはいくつかの機能が変更できます。ただ、「Prisma」のロゴ透かしをOFFにする以外はそのまま使っていても特に不具合は無いでしょう。

風景写真もアート作品に


「Prisma」は風景写真にもバッチリ使えます。例えば上記のような少し汚れたお部屋も「Prisma」にかかるとご覧のとおり。

そのまま額に入れて飾りたくなるようなアート作品に生まれ変わります。ちなみに、フィルター選択画面で、写真をスワイプするとフィルターの"かかり"の強弱を変更できます。「SNOW」の使い方を簡単に「SNOW」は既に若者を中心にネット上で一大ブームを巻き起こしているジョーク系エフェクトに強いカメラアプリ。既にご存知の方もいらっしゃると思いますので、こちらは「Prisma」との組み合わせを中心に。

立ち上げるとこんな画面がでます。左のニコニコマークをタップしましょう。

するとこのようなエフェクト一覧が出るので、タップしてみてください。すると、、、

こんな顔や

こんな顔が撮影できます。
今度は、これを保存し、次に「Prisma」に持っていくわけです。すると、、、

こんなアイコンや

こんなアイコンが作れちゃうわけです。「SNOW」で撮影 「Prisma」で加工に要する時間は合わせて1分といったところ。「Prisma」の今後

以前紹介したカメラアプリ「MSQRD」はリリースから4ヶ月でFacebookに買収されていますが、実は「Prisma」もアメリカでは大ブレイクしていて、既にFacebookによる買収の噂が各メディアでちらほら。
カメラアプリとしてのインパクトは「Prisma」は「MSQRD」に負けず劣らずですので、もしかしたら近い将来Facebookの1機能として「Prisma」を気軽に使える日がやってくるのかもしれません。
早いもの好きの皆さんは今のうちに触っておいてはいかがでしょうか。

[ダウンロードリンク]
Prisma(iOS)
スノー SNOW(iOS)
スノー SNOW(Android)