じわじわ人気の「車麩の唐揚げ」つくってみた もちもちサクサクで大満足

写真拡大

唐揚げは美味しいですが、どうしてもカロリーが高くなりがちでたくさん食べるのをためらってしまいますよね。
しかし、もも肉を車麩で代用した唐揚げが「美味しくてもちもち」だと評判になり、このところネットでじわじわ人気を集めています。

今回はそんな車麩の唐揚げを流行にのってつくってみましたよ。

【関連:ビールにぴったり!ベビーチーズをチンしたら手軽なスナック爆誕】

車麩の唐揚げ

【材料】
車麩……4個
片栗粉……適量(記事では1カップほど使用しました)

<つけ汁>
水……100cc
醤油……大さじ1
酒……小さじ2
しょうが……1カケをすりおろし
にんにく……1カケをすりおろし
粉末だし……少々
※つけ汁は既に各家庭で好みの味付けがあると思います。上記つけ汁は参考までで。好みのものがあればぜひそれを使ってください。

まずは車麩を分量外の水で戻す。戻したらぎゅっと水気を絞って4等分にする。4等分にしたら再度平たい容器に並べる。そして<つけ汁>の材料を混ぜたものを容器に流し込んで両面に染み込ませ、後は片栗粉につけて揚げれば出来上がりです。

車麩を分量外の水で戻す

車麩を分量外の水で戻す


4等分にしてつけ汁にひたす

4等分にしてつけ汁にひたす


後は片栗粉につけて揚げるだけ

後は片栗粉につけて揚げるだけ

車麩はなんと1つ25kcalほど。片栗粉をつけ油を吸っているとは言え、もも肉でつくった唐揚げよりも1つ分約30kcalはカロリーオフされることになります。10個食べたら300kcalの差があるのでバカになりませんよね。

味はというと……もう少し硬かったら間違いなく鶏の唐揚げと間違えてしまうレベルに似ていました。だけどふわふわモチモチ、表面は片栗粉のおかげでサクサク。つくる前はもっとタンパクな味になって物足りなさを感じるかと思っていましたが、おそらくにんにくとしょうがのおかげで遜色ないどころかばっちり普段食べる唐揚げの味に仕上がっていました。これは間違いなくビールがグビグビいけちゃう味です!

ふわふわモチモチ、表面は片栗粉のおかげでサクサク

今回仕様した車麩は8個入って250円ほどのものでした。半分の4個を使いましたが、2人でもかなりの量出来上がったので給料前や節約したいときにもぜひ騙されたと思ってつくってみてくださいね!

(文:大路実歩子)