できる男の身嗜み。香水のように、時間経過で香りが変化する「汗ふきシート」

写真拡大

家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほとんど汗で流れ落ちてしまっている、なんてことも。

そこで、こんな「汗ふきシート」のススメ。

「大人のオトコ」のボディシート

一見するとどこにでもありそうなもの。もしかすると、「まるでシャワーを浴びた後のように全身がクールに」という使用感も、他のソレと大差はないかもしれません。

しかし、PROUD MEN.(プラウドメン)の汗ふきシートには、圧倒的な差別化ポイントが一点。そう「香り」です。

なんと、3段階に変化!

地中海を思わせる、爽やかで奥行きのある「グルーミング・シトラスの香り」という基本コンセプトこそあれど、時間の経過に応じて3段階変化を楽しめるのが唯一無二の特徴。

初めは透明感ある洗練された「地中海シトラス」、時間が経つと心落ち着く「マリン・フローラル」、そして最後が、躍動感のある「ウッディ・ムスク」。この贅沢な仕組みは香水さながら。

ユニセックスでもオススメ

このプラウドメンは、化粧品ではなく、「ビジネスツール」であるというこだわりを持つブランド。表面的な美だけでなく、小さな自信や誇りとなって、ビジネスマンの背中をそっと押してくれます。

基本的には男性用ですが、ユニセックスでもオススメ。理由はとにかく「香りがイイ」から。特に第2段階の「マリン・フローラル」なんて、女性にもぴったりではないでしょうか。

香水のように使える汗ふきシート。日本の夏でいえば、香水よりも香水っぽく使えます。価格は12枚入りで410円(税込)。購入は全国の東急ハンズやロフト、一部のBEAMSのほか、こちらからも。

Licensed material used with permission by PROUD MEN.