ファミコンやレトロゲーの記事が目立つが、Jタウンネット編集部は時代の最先端を行きたいと常々考えている。その野望を叶えてくれるかもしれない機材を手に入れ、流行の360度動画の撮影をするべく街へ繰り出した。

いざ、人混みの中へ

今回、撮影に使用したのはSamsung(サムスン)の「Gear 360」だ。日本では2016年7月15日発売さればかりた。球状の可愛らしい形で、高解像度の全天球動画を撮影することができる。


Samsungの「Gear 360」

最初は社内だけで撮影して遊んでいたが、全天球映像はやはり屋外でこそ真価を発揮するものだろう。大勢の人が集まり、広い場所――。

そこで向かったのは池袋駅前。この日(15日)行われていたのは、都知事選に出馬中の鳥越俊太郎氏の演説会だ。

通行人の邪魔にならない様、聴衆に紛れつつ撮影したのが、こちらの画像と動画である。

ちなみにこの日、鳥越氏は開始時刻に遅刻。雨でせっかくの最新機材を濡らすのも嫌だったので、結局鳥越氏が演説を始める前に引き上げてしまったが......。

単に全方向を撮影できるというものだが、これが中々面白い。YouTube動画を見てもわかるとおり、画質もなかなかのものだ。今回は簡単な試し撮りだったが、今後は様々な使い方を模索していきたい。