男性が「この彼女とはうまくいかない」と感じる瞬間5つ(photo by vadymvdrobot/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】恋人の幸せな時間は数ある試練、壁を乗り越えながら手に入れるもの。付き合うことはゴールではなく、2人のスタートですよ。交際期間中、ふとした瞬間に「彼とうまくいかないなぁ」と感じる瞬間があるように、彼もうまくいかないと感じる瞬間があります。では、一体どんなときに男性は「うまくいかない」と感じるのでしょうか?

【他の記事を見る】「実はモテてる?」あなたの恋愛偏差値を見抜く10の質問

♥趣味を否定されたとき


男性は女性のように「共有したい」と思うことはありません。

共有するのではなく、認め理解してほしいという願望が強いのです。

そのため、自分の趣味や嗜好を彼女から否定されたとき、「全否定された」と感じてしまいます。

結果、「彼女とうまくいかない」と自分の中で完結してしまうのです。

あなたに楽しんでもらいたいと薦めた映画を「面白くなかった」と突き返されると、一気に気持ちが冷めてしまうでしょう。

1度うまくいかないと感じ始めたら、すべてがうまくいかないと思い込むケースが多いですよ。

まずは、男性の気持ちを受け止めることが大切かもしれませんね。

♥空気を読んでくれないとき


悩みができたとき、1人で静かに考えたいと思う男性が多いです。

男性は1人で黙って考え、方法を見つけて解決しようとします。

一方、女性は誰かに話をすることで頭の中を整理し解決するタイプが多いです。

そのため、彼氏が悩んでいるとき「何でも言ってほしい」「言ってくれなきゃわからない」と訴えてしまうことが多いでしょう。

しかし、それが彼にとってそれは負担でしかありません。

「1人にさせてほしいのに…」と空気を読んでくれない彼女と不満を抱いてしまいます。

そこから、すれ違いが生まれ、あなたとはうまくいかないと感じるのです。

男性と女性とでは考え方が異なることを覚えておきましょう。

♥会話がかみあわないとき


お互いイライラしていると会話がかみあわなくなること、ありませんか?

居心地の良い無言はありますが、会話がかみあわないときの無言は居心地が悪いものです。

「いつからこんな風になったんだろう…」と彼はあなたとのすれ違いを感じてしまいます。

会話がかみあわない原因は、お互いの自己主張が強すぎるから。

どちらか一方が広い心を持ち、相手の会話に耳を傾けなければなりません。

「次のデートのときは彼の話を聞いてあげよう」と決め聞き手にまわりましょうね。

♥楽しくなさそうな顔を見たとき


男性は彼女が喜ぶことをしたいと思っています。

せっかく用意したプレゼントをあげても、デートプランを立ててもあなたが喜んでくれなければ意味がありません。

一緒にいてもあなたが楽しそくなさそうな顔をしていれば、彼は「うまくいっていない」と感じてしまいます。

最初は必死にあなたを楽しませようとしますが、次第にやる気もなくなってしまうでしょう。

自然とあなたとの距離が離れていってしまいますよ。

♥衝突やケンカが多くなったとき


男性が彼女とうまくいかないと感じる瞬間で最も多いのが「衝突」や「ケンカ」が増えたときです。

付き合った当初は幸せいっぱいでも、お互い居心地がよくなれば本音で語り合うことが増えていきます。

ケンカするほど仲が良いと言うとおり、ケンカや衝突は次のステップへ進むためのものです。

けれども、男性は毎回ケンカをするたび「彼女とうまくいかなくなった」と決めつけてしまいます。

たまにケンカするのは良いですが、会うたびにケンカするのなら2人の関係を見直さなければなりません。

なぜケンカをしてしまうのか、彼の話をきちんと聞いていたのか、自分の行動を振り返ってみましょう。

いかがでしたか?

すれ違いやうまくいかないときでも、考え方を変えたり、違う視点から見たりすることで破局の機器は回避することができますよ。

そうして1つの壁を乗り越えたカップルは、さらに絆が深まることでしょう。(modelpress編集部)