おかえり!丸の内線旧500系車両がアルゼンチンから20年ぶりに里帰り

写真拡大

7/11、東京メトロ丸の内線の旧500形車両が、アルゼンチン共和国ブエノスアイレスから里帰りした。

丸の内線の「顔」だった赤いボディ!

500形車両は1957年から製造され、現在の東京メトロが「営団地下鉄」と呼ばれた時代に40年近く“丸の内線の顔”として親しまれていた車両だ。

赤いボディに白いサインカーブが施された特徴的なデザインを見て「懐かしい!」と、感じる人も多いはず。

遠くアルゼンチンから里帰りした500形

7/11、赤いボディの500形車両が、横浜港大黒ふ頭に到着した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はこの車両、1996年にアルゼンチン共和国ブエノスアイレスに渡り、現地で20年以上活躍していたという。

日本の電車が海外での役割を終え里帰りを果たしたのは、東京メトロでは今回の500形車両が初めてなのだとか。

今後は順次、中野車両基地等へ搬入され、車体の補修などを行い“鉄道技術発展に貢献した車両”として保存されるという。

▼ブエノスアイレスで活躍中の500形車両。かなり汚れてはいるものの、赤いボディとサインカーブは健在!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本では目にすることがなくなったデザインの車両が、遠く離れたどこかの国で活躍する姿はなんとなく懐かしく嬉しいもの。

以前何かのテレビ番組で、海外で活躍する500形車両が紹介された際、日本語で書かれた案内板などがそのまま使われていたのが印象的だった。

里帰りした500形は 「教育の充実を図るとともに、各種イベントでも活用していく予定」もあるそうなので、懐かしい姿にどこかでお目にかかれることもあるかもしれない。