「日本のポータブル・レコード・プレイヤー」展が世田谷・生活工房で - 個性豊かな100点を展示

写真拡大

「日本のポータブル・レコード・プレイヤー」展が、2016年7月30日(土)から8月28日(日)まで、東京・世田谷区の生活工房で開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

1960〜80年代にかけてのレコード全盛期。その時代に多くの日本人の音楽風景を彩ったのは、まるでおもちゃのような、小さなポータブル・レコード・プレイヤーだ。人々が音楽を楽しむ機器として、作り捨てのように大量生産され、そして時代とともに使い捨てられてきた製品だが、中にはユニークな個体が数多く存在する。

本展では、小さなハコにラジオ、カセットからエコー、リズム・ボックス、鍵盤など、様々な機能を詰め込むことで、デザイン的にも面白く、フォルムだけでも楽しめるような“オモシロかわいい”プレイヤー約100点を展示。その持ち主である高円寺・円盤の田口史人による解説とともに紹介する。

オーディオメーカーだけでなく、おもちゃメーカーや、時には重工業の会社まで、幅広い業種が手がけたレコード・プレイヤーたち。高度成長期の日本人のさまざまなアイデアやデザイン性が活かされた品々を改めて鑑賞すれば、そこには現代にも通ずるヒントや発見があるかもしれない。

【開催概要】
「日本のポータブル・レコード・プレイヤー」展
開催期間:2016年7月30日(土)〜8月28日(日)
時間:9:00〜20:00 ※会期中無休/入場無料(関連イベントは有料)
会場:生活工房ギャラリー
住所:東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3階
アクセス:東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅直結

<関連イベント>
■ASUNA+田口史人パフォーマンス「100 Keyboards + 100 Portable Record Players」
日時:8月14日(日)15:00〜18:00(予定)
会場:生活工房 4F ワークショップルームB
出演:ASUNA+田口史人
参加費:1,500円
定員:50名(事前申込制)
内容:ASUNAによるキーボードやオモチャを駆使したライブ・パフォーマンス。田口史人のポータブル・レコード・プレイヤー100台とキーボード100台とのセッション。

■出張円盤レコード寄席
日時:7月31日(日)15:00〜16:30
会場:生活工房 4F ワークショップルームB
トーク:田口史人(円盤)
参加費:1,000円
定員:20名(事前申込制)
内容:展示中のプレイヤーを使ったレコード試聴会。本展の企画制作・出品者の田口史人とともにプレイヤー10台の聞き比べをし、それぞれの個性を探る。