メルセデスベンツのラグジュアリー2ドアクーペ、『Sクラス クーペ』のハイチューンモデル『AMG S63クーペ』改良新型の姿をカメラが捉えました。

1

まず、マスキングされたフロントグリルに注目です。拡大するとメッシュの奥に、6月24日に発表されたばかりの『AMG GT R』と同じ、メッキフィンが縦に配置された「AMGパナメリカーナ」フロントグリルが見えます。

また、フィンで分割されている新デザインのエアインテークも薄っすらと浮かんで見えています。

まず、マスキングされたフロントグリルに注目です。拡大するとメッシュの奥に、6月24日に発表されたばかりの『AMG GT R』と同じ、メッキフィンが縦に配置された「AMGパナメリカーナ」フロントグリルが見えます。

また、フィンで分割されている新デザインのエアインテークも薄っすらと浮かんで見えています。

この「パナメリカーナ」グリルは、今後AMGラインナップに順次採用される予定です。

パワートレインは5.5リットルV型8気筒をダウンサイジングした、新開発4リットルV型8気筒ツインターボが搭載され、馬力やパフォーマンスが向上すると思われます。

ワールドプレミアは早くても2017年3月、遅れれば秋頃になるようです。

(APOLLO)

_id=387209″ rel=”attachment wp-att-387209″>

この「パナメリカーナ」グリルは、今後AMGラインナップに順次採用される予定です。

パワートレインは5.5リットルV型8気筒をダウンサイジングした、新開発4リットルV型8気筒ツインターボが搭載され、馬力やパフォーマンスが向上すると思われます。

ワールドプレミアは早くても2017年3月、遅れれば秋頃になるようです。

(APOLLO)

 

メルセデスAMG S63クーペ改良新型、今度は「GT R」風新グリルだ!(http://clicccar.com/2016/07/20/387201/)