それぞれの車内温度の変化

写真拡大

 真夏に、停車してあった車のドアを開けると、中の灼熱地獄状態に毎回顔が歪んでしまう。乗り込むと同時にエンジンをかけてエアコンを入れ、早く涼しくなれ〜と念じる人も多いのでは。すぐに乗り込むのをためらい、エアコンで室温が下がるのを待ってから乗る場合もあるだろう。高温になった車内の温度を効率よく下げるには、どんな方法がベストなのだろうか? エアコンだけではなく、プラスアルファのテクニックがあるようだ。 

 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、高温になった車内温度を早く下げるにはどうしたら良いのかを検証し、その結果を7月15日からホームページに公開している。検証では、同じ車を5台用意し、車内温度が55℃になったタイミングで5人のモニターが5つの方法で温度を下げるテストをし、温度変化の測定を行った。5つの方法は、 屮疋開閉」、◆嵶箋僖好廛譟次廖↓「エアコン外気導入」、ぁ屮┘▲灰麁盖そ朶帖廖↓ァ屮┘▲灰鵝楞行」。温度計測器は、運転席と助手席の中央、乗っている人の顔の高さに設置した。その結果、エアコンを使わない「ドア開閉(5回)」で47.5℃、「冷却スプレー」で3分後に50.1℃に低下。 エアコンを使用した3パターンのうち最も温度が下がったのは「エアコン(内気循環)」で10分後に27.5℃、「エアコン(外気導入)」は10分後に29.5℃、「エアコン+走行」で5分後に28.0℃まで低下。エアコンを使うことで最初の55℃から約半分の温度まで効率よく下げることができている。

 JAFでは、「エアコン+走行」が最も早く車内温度を下げることができると結論付け、窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことが最も効率的であるとしている。早速試してみたい。

 ただ、車内温度が下がっても、ハンドルやダッシュボードなどに熱が蓄積していてあまり温度が下がっていなかったり、チャイルドシートの表面やベルトの金具で、やけどを負ったりする事例もある。前列の座席だけ涼しくなったと思ったら後列の人たちはまだつらいということもありがちなので、十分に注意したい。

■テスト結果:JAFユーザーテスト(夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?)