パフォーマンスを向上させる4つの心理的トリック、続ければ成功は確実?

写真拡大

いちかばちかの勝負を目前に、または感情が高ぶっているときに、前向きな考え方を維持するのは難しいことだ。だが、思考は身体的な反応を促す。自分が勝者であるかのように考えることができなければ、成功を収めるのは困難だといえるだろう。

「敗者」の思考を捨てる

失敗することばかり考えていると、失敗する可能性は高くなる。勝つために戦った場合と、失敗を避けようとしながら戦った場合に結果に違いが出ることは、すでに過去の調査で示されている。

「また失敗するのは嫌だ」ではなく、「今度は必ず成功する」と思った方が、成功の可能性は高いのだ。

「勝者」の思考を持つ方法

自分の考え方に意識を向ければ、段階的に物の見方を変えていくことができる。生産的かつ前向きに考えることで、成功の機会は増やすことができるということだ。

学術誌「フロンティアズ・イン・サイコロジー(Frontiers in Psychology )」に掲載された調査結果によると、わずかな思考習慣の変化が、その人の全般的なパフォーマンスに大幅な違いをもたらすことが明らかになった。研究者らは、次の4つの心理的トリックが、最も効果的にパフォーマンスの改善を後押ししたとみている。

1. 結果について、自分に語りかける

前回より良い結果を出せると自分に言い聞かせる。「前回より高い点数を取れる」「契約締結に向け、皆を説得することができる」などと自分自身に向けて語りかけることで、より良い成果を上げることができる。

2. プロセスについて、自分に語りかける

より良い成果を上げるための行動に注意を向ける。あなたがすべきことを何か一つ特定し、それを実行できると自分自身に言い聞かせるのだ。「私はもっと説得力を持って話すことができる」「私はもっと迅速に対応することができる」などと自分自身に語りかけることで、実現の可能性が高まる。

3. 結果を想像する

あなたが望むより良い結果を想像するだけでは不十分だ。上司から昇進の決定を告げられる場面、聴衆があなたにスタンディング・オベーションを送る様子など、望む結果が得られた状況を想像してみる必要がある。

4. プロセスを想像する

より良い結果を想像するのと同時に、それにつながるような前向きな行動を取る自分を想像しよう。もっと素早くバットを振る自分、もっと聴衆とのつながりを感じている自分を思い描いてみるのだ。そうしたイメージを持つことが、実際にそれらの行動を取ることにつながる。

違う考え方をするように脳を鍛える

あなたの最大限の努力や成果をもたらすべきものが、自分自身との会話によって無になってしまうこともあり得る。過去の失敗の経験や強い不安、自己不信によって、敗者の思考に陥ることがあってはならない。

成功に関する考え方を変えるように、脳を訓練する必要があるのだ。鍛えれば、あなたの業績は向上するだろう。ステージに上がる前に、あるいは取締役会が行われる会議室に入る前に、ここに紹介した4つのステップについて考え直してみよう。

練習を続ければ、思考は自然にこの段階を経るようになる。あなたの心の中の”一人芝居”は、より生産的なものになるはずだ。つまり、改めて払う努力は少なくても、最高の状態で行動を起こすことができるようになる。