冷感スプレーや入浴剤、熱を冷ますシートなどのグッズ(撮影/大野洋介)

写真拡大

 今年は猛暑の予想だが、早くも体のだるさを訴えたり、熱中症で倒れたりする人が続出中だ。そこで、すぐにできる夏バテ対策として、入浴法や睡眠の改善を考えたい。熱中症を防ぐには、こうした工夫とともに体力をつけることも大切。自分に合う対策を見つけよう。

「電車やオフィスは冷えているのに、一歩外に出ると蒸し暑い。その温度差が夏の不調の要因になります」

 そう話すのは、ライオンのヘルスケアマイスターで睡眠改善インストラクターの山岸理恵子さん。

 激しい温度差で自律神経機能が低下すると、体温調節がうまくいかず、血行障害になって夏バテに陥りやすい。寝つきも悪くなり、疲れやすい。こうした不調の対策に、山岸さんは入浴法の見直しを勧めている。

「面倒だからと、毎日シャワーで済ませていませんか? お風呂は温熱効果のほかに、水圧や浮力などによる健康効果もあります。夏こそ湯船につかってください」

 入浴は体温を上げ下げするが、その作用で体調を整え、快眠を導ける。温度差からくる不調を、体温差で解決しようというわけだ。

 温熱の効果は「ぬるめ」「熱め」で変わる。38〜40度のぬるめの湯に、10〜15分ほど入ると、副交感神経が優位になり、心身を鎮静させる効果がある。41〜42度の熱めの湯に5分ほど入れば、交感神経が刺激されて気分がシャキッとする。入浴後に眠りたいなら、就寝の1〜2時間前にぬるめの湯にゆっくり入るのがお勧めだ。

「人間の身体は深部体温がいったん上がって再び下がるときに眠りにつきやすくなります。そのタイミングを見計らって布団に入るとよい。寝る直前に入浴し、まだほてっている間に横になっても、寝苦しいだけです」(山岸さん)

 水圧の効果は湯船の水位で調節する。首までつかると水圧で心臓の動きが活発になり、全身の血行がよくなる。足のむくみや疲れの改善に効果的だという。

 心臓から出た血液が再び心臓に戻るまで1分弱かかるとされる。5分間湯船につかれば、血液が5回全身を巡る計算だ。冷房で冷えた体を、「素早く」温められる。ただし、心臓が弱かったり、血圧に不安があったりする人は、全身浴は負担が大きい可能性がある。胸に負担がかからない「半身浴」がよいという。

 夏は温度差だけでなく紫外線で皮膚がダメージを受け、乾燥しやすくなる。入浴時にその対策もしたい。

「冷房や日焼けで肌がかさつくときは、入浴剤が役立ちます。米胚芽油、セラミド、スクワランなど保湿成分の入った入浴剤がお勧め。冷えなどで体がだるいときは、炭酸ガス(炭酸ナトリウム・炭酸水素ナトリウム等)のほか、硫酸ナトリウムや硫酸マグネシウムなどが入った血行促進効果のある入浴剤がよい」(山岸さん)

 体の洗い方も気をつけよう。ナイロンタオルに石鹸をつけてごしごしこすると、日焼けで弱った皮膚を傷める。特に、高齢者は皮脂が少なく乾燥しやすいため、手で洗うとよい。クリーム状の泡でなでるようにすると、乾燥を防げる。風呂上がりのタオルは、柔軟剤を使った柔らかいものを使う。押さえるように水気を吸い取るとよいという。

 皮膚につっぱり感があれば、ひじ、ひざ、ひざ下(脛[すね])など皮脂の少ない部分に保湿クリームやローションを塗ると万全だ。入浴時は汗をかくので、入浴後の水分補給も忘れずに。

 次に、入浴後から心地よい睡眠にどうつなげるか。

 快適に眠れる室温は、約28度、湿度50%以下。エアコンをその程度に設定(タイマーは2〜3時間)したいが、節電しつつ快眠を得るには、涼感寝具が助けになる。枕にかぶせる涼感枕パッドやシーツに敷く涼感敷きパッドなどだ。

 量販店のビックカメラでは今年、涼感寝具の売り上げが昨年比1.5倍の勢いだ。暑がりの記者も枕と敷きパッドを購入したが、確かに気持ちよく眠れた。

「涼感寝具は二つに大別できます。一つはあらかじめ冷やしたジェルなどを敷物に使う製品。もう一つは、涼しさを感じられるように、糸の織り方や種類など繊維を工夫した製品です」

 熱中症や涼感寝具類に詳しい横浜国立大学教育人間科学部の田中英登教授はこう説明する。

 生地が凹凸に織られていれば、皮膚と繊維の接触面積が小さくなり、熱がこもりにくく、生地が体に長時間接触しても温まりにくい。熱伝導性を高くした「接触冷感」の素材も増えた。

 繊維商社「田村駒」は、長時間ひんやり感のある製品「アイスマックスCOOL」シリーズが人気という。担当者は「接触と同時に熱を奪って拡散させる。吸熱と放熱を繰り返し、寝返りごとにひんやりする」と話す。

 寝苦しいときは冷感スプレーを使うのもよい。小林製薬の「シャツクール」、白元アースの「アイスノンパジャマミスト」などだ。寝る前に、パジャマやシーツの上から吹きかけると、ひんやりとして快眠につながる。

週刊朝日  2016年7月22日号より抜粋