ミュージカル『刀剣乱舞』嚴島神社の国宝舞台で奉納上演へ 世界遺産登録20周年の記念行事

写真拡大

嚴島神社(広島県廿日市市)の世界遺産登録20周年を記念し、ミュージカル『刀剣乱舞』の特別公演が、奉納行事として11月12日(土)午後7時に上演されます。一夜限りのスペシャルライブに登場するのは、初演に出演した三日月宗近をはじめとする6人と、9月から始まる新作公演に登場する新たな5人を加えた計11人の刀剣男士。風光明媚(めいび)な由緒ある国宝を舞台に、公演の楽曲や名シーンを披露します。

「刀ミュ、嚴島神社で奉納上演 」の写真・リンク付きの記事

▽ ミュージカル『刀剣乱舞』in 嚴島神社 | ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

古くから日本三景の1つとして知られ、1996年にはユネスコ世界遺産(文化遺産)にも登録された嚴島神社。2016年で世界遺産登録20週年を迎えることを記念し、さまざまな関連行事が行われています。

特別公演「嚴島神社 世界遺産登録20周年記念奉納行事 ミュージカル『刀剣乱舞』 in 嚴島神社」は、奉納行事として一夜限定で開催。出演するのは、6月まで上演されていたミュージカル『刀剣乱舞』 〜阿津賀志山異聞〜に登場した三日月宗近役の黒羽麻璃央さん、小狐丸役の北園 涼さん、石切丸役の崎山つばささん、岩融役の佐伯大地さん、今剣役の大平峻也さん、加州清光役の佐藤流司さんに加え、9月からの新作公演に参加する大和守安定役の鳥越裕貴さん、和泉守兼定役の有澤樟太郎さん、堀川国広役の小越勇輝さん、蜂須賀虎徹役の高橋健介さん、長曽祢虎徹役の伊万里 有さんの計11人。11人は、この奉納行事において舞台上で初共演を果たします。

奉納行事が行われるのは、国宝に指定されている嚴島神社の高舞台。黒漆塗りの基壇に朱塗りの高欄をめぐらし前後に階段をつけた舞台で、平清盛が大阪・四天王寺から移したという舞楽が演じられているそうです。現在の舞台は、天文15年(1546年)に棚守房顕によって作られたものとのこと。四天王寺(大阪市天王寺区)と住吉大社(大阪市住吉区)の石舞台と共に、日本三舞台といわれています。

▽ 一般社団法人宮島観光協会|観光スポット|嚴島神社|

▽ 人と神々が共に生きる島〜宮島 嚴島神社:嚴島神社の見所

公演内容は、阿津賀志山異聞公演および新作公演の楽曲と名シーンで構成するとのこと。奉納行事にはファンの参加も可能で、ファンサイトの有料会員限定でチケットの抽選申し込みを受け付けます。チケット料金は全席指定で1万円(税込)。詳細はサイトをどうぞ。

嚴島神社 世界遺産登録20周年記念奉納行事 ミュージカル『刀剣乱舞』 in 嚴島神社

(c)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

<公演概要>

会場:広島県・嚴島神社高舞台(国宝)
開演日時:2016年11月12日(土)午後7時
公演予備日:11月13日(日)午後7時
※雨天決行、荒天順延または中止

<キャスト>

三日月宗近役:黒羽麻璃央
小狐丸役:北園 涼
石切丸役:崎山つばさ
岩融役:佐伯大地
今剣役:大平峻也
加州清光役:佐藤流司

大和守安定役:鳥越裕貴
和泉守兼定役:有澤樟太郎
堀川国広役:小越勇輝
蜂須賀虎徹役:高橋健介
長曽祢虎徹役:伊万里 有

<スタッフ>

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
演出:茅野イサム
Twitter:@musical_touken