衝撃の展開で幕を閉じた、WEC第3戦ル・マン24時間レース。未だにあの時の光景が頭から離れない方、多いのではないでしょうか? そんなル・マンから1カ月が経とうとしている7月16日に、WEC第7戦富士6時間耐久レースが開催される富士スピードウェイでメディア取材会が行われました。

1

ACO理事・WEC富士アンバサダーの寺田陽次郎氏を迎え、最新技術を駆使したハイブリッド車で総合優勝を争うLMP1-Hクラスの中嶋一貴選手(トヨタ5号車)、小林可夢偉選手(トヨタ6号車)、アンドレ・ロッテラー選手(アウディ7号車)がル・マン24時間レースを含めた今シーズンの戦況、そして今後のWECへの抱負を語りました。

 

「今年のル・マンは一貴が勝つと本当に思っていました。トヨタは勝ってもいいシチュエーションを完全に作っていましたね。このままの流れで10月になだれこんでくれたら、富士6時間耐久レースは面白いレースになると思います。
ル・マンは皆さんご存知の通りリエット(パテのような豚肉料理)が世界一美味しい所で、レースが終わった後お土産にリエットを買いに行ったら、そのお店のマダムが『一貴大丈夫?』と声をかけてくれたんです。この一言で、ル・マンはトヨタをウェルカムしてくれているんだと思いました。日本のメーカーがル・マンで勝つためには、市民権を得なければいけない。トヨタはその市民権をえ始めた、と肌で感じた今年のル・マンでした。」(寺田氏)

「ル・マンを含めた3レースが終わって一度もまともにフィニッシュできておらず、後半戦からしきりなおしだと思っています。クルマのパフォーマンス的にも良い戦闘力が発揮できるのではないかと思いますので、まずは7月24日のWEC第4戦ニュルブルクリンクで良いレースをして弾みをつけて、10月の富士6時間耐久レースまで持続したいです。富士では、過去にも良いレースをしてきましたが昨年は厳しいレースになってしまったので、もう一度優勝を取り返せるように頑張ります。」(中嶋選手)

 

「今シーズンLMP1-Hクラス初参戦でちょっとずつ僕自身もクルマも良くなっていって、そろそろ勝てるぞというタイミングがル・マンでしたが、チャンスを掴めませんでした。
次戦のニュルブルクリンクで優勝を目指すのは当たり前ですけど、ホームレースの富士では是が非でも優勝しなければいけないのかなと思っています。せっかくここまで良いクルマを作ってくれたチームの人達のためにも、何か記録を残したいです。ホームレースで勝てるように自分自身もしっかり準備して、日本のファンの前で優勝したいと思います。」(小林選手)

 

「ル・マンでトヨタはチームとして勝てていたと思います。本当に残念な結果になってしまいましたが素晴らしいレースでしたし、素晴らしいクルマでした。スーパーフォーミュラのチームメイトである一貴が勝つのを、目の前で見たかったと心から思っています。あのようなレースというのはハリウッド映画にもないような展開だったので、実際のレースで起こりうることなんだと、良い例になってしまったんだと思います。
私たち(アウディ)自身のことですけれども、今シーズンはスタートからあまり良いシーズンではなかったと思います。新車導入になって、マシンのレベルを上げていくのに努力をしてきました。ル・マンに関しては、事前のテストが凄く良かったので希望を持っていました。レースの最初は良かったのですがターボのトラブルが出て・・・。結果的に言うと、設計のところから見直さなければいけない部分が出てきてしまったのではないかなと思います。次からのレースはハイダウンフォースのコースになっていくので、ここまでのよ良くなかった流れを仕切りなおしていけるようなシーズンに変えていけたら良いなと思っています。」(ロッテラー選手)

最後に行われた記者からの質疑応答で、ル・マンで2位を獲得した小林選手に「ル・マンの表彰台から見た景色はどうでしたか?」という質問があったのですが

「正直、人生で一番喜んでいない表彰台で、景色もあまり見ていなかったです。でも、右にいたブラット・ピットが気になってずっと見ていました。自分の手元にもシャンパンがあって飲める気分ではなかったんですけど、ブラット・ピットの飲んでいるシャンパンのほうが美味しそうだなって(笑)。」

と、小林選手らしい発言で記者達を笑わせる場面もありました。

WEC2016年シーズンはまだまだ続きます。ル・マンで悔しい思いをしたトヨタですが、次戦のニュルブルクリンクでは笑顔が見れますように! そしてWEC第7戦富士6時間耐久レースは10月14日〜16日に富士スピードウェイで開催されます。ぜひ見に行ってみてくださいね。目の前を駆け抜けるマシンのかっこよさや、最後まで何が起こるか分からない耐久レースの面白さを実際に見るとWECの虜になりますよ!!

(文:yuri/写真・動画:前田惠介)

小林可夢偉がル・マン表彰台で見ていたものは? WEC富士記者会見寺田陽次郎、中嶋一貴、小林可夢偉、アンドレ・ロッテラーが登場!(http://clicccar.com/2016/07/20/386935/)