すみだ北斎美術館、東京・墨田区で開館 - 葛飾北斎が残した名作を展示

写真拡大

すみだ北斎美術館が、2016年11月22日(火)に東京・墨田区で開館する。

[ この記事の画像をもっと見る ]

世界的な画家として評価の高い葛飾北斎。生まれは、現在の墨田区亀沢付近にあたる本所割下水で、90年にも及ぶ長い生涯のうち、そのほとんどを「すみだ」で過ごしたといわれる。

すみだ北斎美術館では、葛飾北斎が残した名作を展示。また、様々な企画を通して、北斎とすみだとの関わりについて伝えていく予定だ。

常設展示室では、北斎の生涯に沿ってその人物像やすみだとの繋がりを紹介しながら、北斎の代表作(実物大高精細レプリカ)などを展示する。また作品だけではなく、門人の露木為一が残した絵をもとに忠実に再現した北斎のアトリエや、タッチパネル式情報端末の充実したコンテンツを設け、楽しくより深く北斎とその画業を伝える。

企画展示室では、最新の調査研究に基づき、北斎を中心とした様々なテーマ、切り口の多彩で魅力ある企画展示を実施。

開館を記念し、開館記念特別展「北斎の帰還−隅田川両岸景色図巻と名品展(仮称)」の開催を予定している。会場では、海外に流失し100年余まったく行方の知られていなかった「隅田川両岸景色図巻」をはじめ、館所蔵の数々の名品や代表作が紹介される。

【詳細】
すみだ北斎美術館
開館日:2016年11月22日(火)
住所:東京都墨田区亀沢2-7-2
敷地面積:1,254,1平方メートル