標準アプリを中心に必要なものだけ搭載 分かりやすく使いやすい

写真拡大

ソフトバンクは、「Y!mobile(ワイモバイル)」ブランドのシャープ製スマートフォン(スマホ)「507SH」を2016年7月下旬に発売する。

グーグルが各国のメーカーと協力し開発するプログラム「Android One」の日本初モデルだという。常に最新の「Android OS」や最新のセキュリティ機能が自動で毎月提供され安心して利用できる。そのほか「Google音声検索」「Googleマップ」「YouTube」などの標準アプリケーションを中心に必要なものだけを搭載し、従来と比べ分かりやすく使いやすいのが特長。

約5.0型HD(1280×720ドット)IGZOディスプレイを搭載。メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB。microSDXCカード(最大200GB)スロットを備える。OSは「Android 6.0」をプレインストール。約1310万画素メイン、約500万画素サブカメラを搭載。IEEE 802.11 b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。

IPX5/8相当の防水、IP5X相当の防塵性能を備える。ワンセグ対応。容量3010mAhバッテリーを内蔵する。カラーはスモーキーブルー、ブラック、ホワイトの3色。