台湾プロ野球・ラミゴのチアリーダー、CDデビュー  脇役から主役に

写真拡大

(台北 20日 中央社)台湾のプロ野球チーム、ラミゴのチアリーダー「ラミガールズ」(LamiGirls)は23人組女性アイドルグループとして22日にCDデビューする。写真集付きシングルのリリースに先駆け、18日に台北市内で記者会見を開催。これまでの球場の脇役としての立場から一転、“主役”として歌とダンスのステージを披露した。

グループ初期から在籍しているメンバーのEliは、以前はチアリーダーに注目する観客はいなかったものの、現在ではチアリーダー目当てに足を運ぶファンもいると語り、「長年努力してきた甲斐があった」とデビューを喜んだ。

ラミガールズは前身をLa new Girlsとし、2005年に発足。2011年、球団の本拠地が高雄から桃園に移ったのを機に現在の名称に変わった。グループは、タレントのトニー・スン(孫協志)が指揮を執る。

(林宏翰/編集:名切千絵)