世間が蒸し暑くなってくると食べたくなるのが、豚とかつおの合わせだしが特徴で、ラーメンはこってりしているがうどんだとあっさりしすぎというタイミングにぴったりくるメニュー。そんな沖縄そばを沖縄の中心地・那覇市楚辺に店を構える2009年開店という沖縄そばの名店「楚辺(そべ)」監修でカップ麺化されたのがその名も『沖縄そばの名店 楚辺』だ。

■豚頭エキスを使用した奥深い旨味に溢れた一品

沖縄そばはそもそも小麦粉を使いそば粉を使わないので、日本そばとも違ううどんに近い太くてひねりの入った白い麺が特徴。そしてスープはかつおだしはともかくとして、豚ベースというのが違う。だからラーメンとうどんの中間的な立ち位置なのだ。ちなみにそばは。なので沖縄に行って「そば(※”すば”とも呼ばれる)を食べたい」というと沖縄そばが出てくる。普通のそばを食べたいなら「日本そばを食べたい」と指定しなくてはならない。


基本熱々メニューなので、冬に食べても美味しいのだが、沖縄自体が夏イメージなので、商品が続々投入されるのはこうした夏の時期だ。そうして生まれたのが、サンヨー食品『沖縄そばの名店 楚辺』(93gうち麺70g・希望小売価格 税抜200円・2016年7月12日発売)


具材は三枚肉代わりの豚チップ、ネギ、かまぼこ。麺は太めの油揚げ麺。フタの上には後入れ調味油が貼付されている。それでは食べてみよう。


湯入れした後の待ち時間はカップうどん同様の5分待ち。

調理後にフタをめくるとかつおの香りがふわっと立ち上る。これは美味しそう。そこに調味油を投入。ただあまりこれによって香りが変わることはなかった。


スープを一口飲むとかつおの旨味と豚頭エキスまで入っているポーク感の強さが絶妙なハーモニーを醸し出す。その旨味の洪水にうっとりする暇なく、麺へ。バラバラとほつれる麺はあちこちに飛び散るので要注意。細めのうどん(カップうどんの標準サイズ)と言ってしまえば身もフタもないが、そう。


ずずずっと麺をすすると、あっさりしているのに肉感も感じることができるという独特の沖縄そばの美味しさを感じることができた。ただ三枚肉代わりの豚チップは存在感がまるでなく、懸命に捜査してやっと出てくる程度。具材的にはあまり期待しないほうがいい。


ただ記者は結構昔から沖縄そば好きなので、こーれぐーす(泡盛に島唐辛子を漬け込んだ辛味調味料)が欲しくなる。ヒハツ(沖縄のコショウ)もちょっとだけアクセントに入れたいし、紅生姜も入れて欲しいといろいろ考えてしまった。

■ まとめ:あっさりしていて豚感が味わえるこの味はラーメン党にもオススメ


今まで沖縄そばを食べたことのない人でも、ラーメン好きならオススメ。豚だしがしっかりしているので、違和感なく美味しく感じることができるだろう。またゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理が好きな人なら合わせて食べたくなること間違い無し!

発売はファミリーマート限定で数量限定発売となる。