103回大会となる世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」がいよいよ大詰めを迎えている。7月2日に世界遺産モン・サン=ミッシェルをスタートしたレースは、さまざまな波乱のアクシデントもあって、最終日となる7月24日のパリ凱旋まで目が離せない。

 2年連続3度目の総合優勝を狙うチーム・スカイのクリス・フルーム(イギリス)は、欧州を代表する山脈・ピレネーの第8ステージで優勝すると、個人総合の首位に立った。これによりフルームは、個人総合1位の称号である黄色いリーダージャージ「マイヨ・ジョーヌ」を着用。その後も安定したレース展開を見せ、このまま終盤に突入するかと思われた。だが、その前にとんでもないハプニングが起きた。

 それは、フランス革命記念日である7月14日の第12ステージ。舞台は「悪魔の棲む山」として今大会の重要区間とされた「モン・ヴァントゥ」だった。この日はアルプスから地中海に吹き下ろす台風並みの季節風「ミストラル」が吹き荒れることが予想され、レース前日にゴールを予定されていた頂上から、6km手前の地点へ移すことが発表されていた。実はそれが、波乱の原因となった。

 7月14日は祝日であり、勝負どころの山岳ステージ。距離短縮に伴って、ゴール手前のコース脇には観衆が集中してあふれ返っていた。フルームは総合優勝を争うライバル選手を置き去りにしてゴールを目指していたのだが、観客に前方をふさがれて急停車したカメラバイクとコース上で激突。フルームの自転車は、壊れて使いものにならなくなった。それで、フルームはどうしたのか? 壊れた自転車を置いて、ランニングでゴールに向けて走り出したのだ。

 現地のサルドプレス(プレスセンター)では激突シーンはリアルタイムで映し出されず、いきなり画面のなかでマイヨ・ジョーヌのフルームがランニングしているのだから、全員があっけにとられた。私自身の四半世紀の取材歴のなかで、間違いなく3本指に入るハプニングだ。1989年のプロローグに前年の覇者でありながら遅刻したペドロ・デルガド(スペイン)。2003年に傾斜地を突っ切ってピタリと集団グループに復帰したランス・アームストロング(アメリカ)。そして今回のフルームのランニング――。共通しているのはすべて、「マイヨ・ジョーヌを着ている強豪選手」ということだ。

 このアクシデントで大きく遅れたフルームは、暫定発表で首位から陥落。だが、審判団の審議の結果、救済処置でその座を守ることができた。

「モン・ヴァントゥはサプライズ満載だ。自転車が壊れてしまったから、走るしかないよね。スペアバイクが到着するまで5分もかかった。このような裁定をしてくれた主催者に感謝したい」とフルームは語る。

 勝利を目指すフルームのあくなき執念に対し、現地のサルドプレスではベテラン取材陣から失笑が起きた。「元ケニア国籍の南アフリカ育ちだろ」という、フランス人エリートらの差別意識も見え隠れする。しかしあの行為は、真に勝利を目指すフルームの純粋さがそうさせたのだと思う。

 王者となっても、どこまでも謙虚で、礼儀正しい。勝てるレースは、全部勝つ。バイクを捨てて脚で走っても、このマイヨ・ジョーヌを守りたい......。ツール・ド・フランスは、夢を掴むために誰よりも必死になった者に栄冠を与えてくれるレースだと思う。

 一方、総合優勝争い以外では、平坦区間のゴール勝負を得意とするチーム・ディメンションデータのスーパースプリンター、マーク・カヴェンディッシュ(イギリス)が第14ステージで今大会4勝目・大会通算30勝目を挙げた。最多勝利記録はベルギーのエディ・メルクスが持つ34勝で、カヴェンディッシュは単独2位となった。

「昨年はとても苦しんだからこそ、今年は4勝もできた。最終日のパリも勝利を狙っていきたい」(カヴェンディッシュ)。

 そう語っていたカヴェンディッシュだったが、7月19日、リオ五輪に備えるために途中棄権すると発表。リオ五輪では、トラック競技代表として出場する。コンビを組むのは、2012年のツール・ド・フランス覇者であり、すでにロード活動を停止して、「リオ五輪のトラック競技を集大成にする」と発表しているブラッドリー・ウィギンス(イギリス)だ。

 そして、2年ぶり6度目の出場を果たしたランプレ・メリダの新城幸也(あらしろ・ゆきや)は、第6ステージで敢闘賞を獲得した。2012年の第4ステージに続く受賞だが、ターゲットはそれよりも高いレベルにある。敢闘賞に喜んでいるばかりでないのが心強い。

 その日の朝、チームミーティングで「アタックしていい」と監督から言われ、そのチャンスをきっちりとモノにした。ただし、新城のアタックに反応したのは1選手のみで、「もう少し逃げの人数が多いと期待していたので残念だった」と語る。とはいうものの、もう後には引けない。70km地点では最大差となる5分超のタイム差をつけたが、結局ふたりの逃げは残り25kmで後続の集団に吸収された。

「今日はそんなつらい走りにはならなかった。25kmで捕まったので、体力はそれほど使っていない。敢闘賞に僕が選ばれたのは主催者の配慮かも」とあくまでも冷静。終盤戦は、「逃げに乗ってゴールまで逃げ切り、少人数のゴール勝負を制してステージ優勝したい」と意欲満々だ。

 今大会、もっとも目立つ活躍を見せているのは、世界チャンピオンの称号である5色の虹色ジャージ「アルカンシエル」を着用しているティンコフのペーター・サガン(スロバキア)だろう。前半戦でステージ2勝を果たし、中間ポイントとゴールの通過順に与えられる得点の累計で争うポイント賞でも1位。同賞のリーダージャージである「マイヨ・ベール」を守っている。

 平坦路でのサガンは、常にゴール勝負に加わる。第10ステージでは、レース中盤から逃げている先頭集団の先頭を引っ張り、ゴール勝負にこそ負けたものの、区間勝者から「サガンの強さは半端じゃない」と評された。

 さらに第11ステージで、はマイヨ・ジョーヌのフルームを誘い出してゴールまで逃げ切り。「マイヨ・ジョーヌ対マイヨ・ベール」のスプリント合戦というドラマのようなシーンを演出し、自らが勝利している。

 ゴール後の表彰式を待つ間、フルームはサガンに「お前、強かったな」と声をかけたという。まさに千両役者だ。こういったプロたちが集まるから、ツール・ド・フランスは面白い。

山口和幸●取材・文 text by Yamaguchi Kazuyuki