2位竹内結子「バツイチでもモテモテだと思う女性芸能人」1位の50歳は

写真拡大

60歳未満の男女の2割が離婚経験者といわれている現代の日本。

もちろん芸能界にも離婚経験者は多く、中には過去記事「5位舛添要一!結婚回数多すぎて“結婚に向いてない”と思う有名人1位」で紹介したように、2度3度と経験しているツワモノも。

かつて離婚歴は、とくに女性においては“出戻り”などと言われ、世間から冷たい視線を浴びせられることも。しかし、いまや離婚に対するイメージは変わり、バツがついていても恋愛を謳歌している人も多いものです。

そこで今回『VenusTap』では、500名の男性に「バツあり(離婚歴あり)でもモテてそうな女性芸能人は?」というアンケートを実施。「離婚歴があっても魅力的!」思わせる、男性を虜にする”モテ女”は一体誰なのでしょうか?

■5位:真木よう子(34票)

5位は、豊満なバストと抜群のスタイル、ヌードやベッドシーンも厭わない大胆かつ体当たりの演技で、日本を代表する実力派女優となった真木よう子。

最近では、Instagramでのコミカルな表情や共演者たちとの親しい様子が話題になり、新たなファンを獲得しています。プライベートでは、元俳優の片山怜雄と結婚し女児を出産したものの、2015年に離婚。

「あの美貌とミステリアスな雰囲気がたまらない」「巨乳だからモテないわけない」との声が集まり、「離婚歴なんて全く関係なくモテてそう」と思う男性が多いようです。

■4位:沢尻エリカ(35票)

4位には、お騒がせ女優・沢尻エリカが選ばれました。

映画の制作発表会での「別に…」発言に始まり、奇抜なファッションやインタビューでの横柄な態度、ハイパーメディアクリエイターの高城剛とのお騒がせ結婚&ドロドロ離婚劇など、数え上げればきりがないほどワイドショーを盛り上げた彼女も、しばらくの休止期間を経ていまや正統派女優として立派に復活しています。

「性格的に難しいところはあるかもしれないけれど、やはり美人」、「あれだけの美人なんだから、男が放っておかないだろうな」という意見を集めました。

■3位:宮崎あおい(50票)

3位に選ばれたのは、元夫で俳優の高岡奏輔との揉めに揉めた離婚騒動で話題となった女優・宮崎あおい。愛らしいベビーフェイスを持った実力派女優の彼女は、10代の頃から交際していた元夫と、長年の愛を実らせてゴールイン。

しかし、その後元夫がTwitter上でフジテレビを批判したり、妻の不倫を匂わせるような内容をツイートしたり、離婚後も暴力行為で逮捕されるなど、お騒がせ夫(元夫)によってワイドショーに名前が浮上することが多かった彼女。

離婚後は、結婚中から不倫を噂されていた岡田准一との恋の噂が再浮上。

「あのベビーフェイスで見つめられたら……大変だったねと抱きしめてあげたい男がたくさんいるだろう」、「男から見ても男前の岡田くんをメロメロにしてるんだから、モテないわけない」と、男性たちに“モテる”という印象を与えているようです。

■2位:竹内結子(57票)

2005年、映画『いま、会いに行きます』で共演した、歌舞伎俳優の中村獅童とできちゃった結婚。そのわずか3年後には離婚し、現在は独身のまま女優としてのキャリアを築いています。

結婚前や離婚後も、共演した俳優との熱愛がたびたび報道されることがありましたが、

「36歳とは思えない美貌」、「飾ってなくて親しみやすいから、いろんな男にモテそう」という声を集め、「そりゃモテるよな!」と思われているようです。

■1位:小泉今日子(63票)

今回、最も多くの男性から「絶対モテてる!」と思われたのが、元アイドルで現在は実力派女優として数々の映画やドラマで活躍している小泉今日子。

俳優の永瀬正敏と結婚するも、9年の結婚生活ののちに離婚。その後は、20歳も年下のジャニーズタレント亀梨和也と、また最近では豊原功補との熱愛がスクープされ、離婚後もそのモテっぷりが度々話題になりました。

「キャンキョンはいくつになっても魅力的! 男がほっとかないと思う」、「50歳になって、色気がますます出てきたのに、少女のようなかわいらしさもある。唯一無二の存在」という声が集まりました。

現在50歳になる彼女ですが、年齢を感じさせない若々しさと、大人の女性の落ちついた佇まいで、幅広い年齢の男性から人気があることが、上位に選ばれた理由ではないでしょうか。

今や離婚はプラスにもなる時代。離婚を経験することで一皮も二皮も剥け、女優としての株も女としての株も上げ、より魅力的になっていく人も多いようですね。

【画像】

※ BERLIN, GERMANY - FEBRUARY 13: Actress Yuko Takeuchi attends the ‘Creepy’ photo call during the 66th Berlinale International Film Festival Berlin at Grand Hyatt Hotel on February 13, 2016 in Berlin, Germany. (Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images)

※ CANNES, FRANCE - MAY 18: Actress Yoko Maki attends the ‘Soshite Chichi Ni Naru’ Photocall during the 66th Annual Cannes Film Festival at the Palais des Festivals on May 18, 2013 in Cannes, France. (Photo by Samir Hussein/Getty Images)

※ TOKYO, JAPAN - MARCH 08: Actress Erika Sawajiri attends the 36th Japan Academy Prize Award Ceremony at Grand Prince Hotel Shin Takanawa on March 8, 2013 in Tokyo, Japan. (Photo by Koki Nagahama/Getty Images)

※ TOKYO - NOVEMBER 07: Japanese actress Aoi Miyazaki(L) and Giorgio Armani (R) attend the Giorgio Armani’s “One Night Only” at Nihon Budokan on November 7, 2007 in Tokyo, Japan. Italian fashion giant Giorgio Armani opens their flag ship store in Tokyo’s central shopping area, Ginza. (Photo by Junko Kimura/Getty Images)

※ CANNES, FRANCE - MAY 19: Actress Kyoko Koizumi attends the Tokyo Sonata Cast Photocall at Majestic Beach during the 61st International Cannes Film Festival on May 19 , 2008 in Cannes, France (Photo by Francois Durand/Getty Images)