中居正広の自宅での習慣にスタジオ悲鳴「トイレで手を洗わない」

写真拡大

19日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で、中居正広が明かした自宅でのトイレ習慣に悲鳴が起きた。

番組では、タレントの寺田御子(てらだ・みこ)が出演し、その極度の潔癖症が話題にあがった。劇団ひとりが「好きになった人が汚かったらどうするの?」と疑問をぶつけると、寺田は「キレイな人を好きになるので」「お手洗いのあとに手を洗わなかったりとか、そういう人はちょっと…」と返答した。

これに出演者たちが納得するも、中居は「オシッコのあと?え?」「ぶっちゃけ家だったら洗わないよね」と反論したのだ。この答えにスタジオから悲鳴があがるも、中居はめげず「だっておチョンチョン触ってないんだよ?」「触ってたら洗うよ。バタバタってなったら洗うよ」と明かした。

出演者たちは疑わしげだったが、唯一、サバンナ・高橋茂雄だけは中居に同意する。「便座に座れば触ることはない」とジェスチャーで実践してみせていた。ちなみに高橋によると、尿切れに関しては便座のうえで上下することで解消できるという。

【関連記事】
中居正広がTBS山本匠晃アナに辛辣な一言「番組ですから、お願いしますよ」
SMAP・中居正広がサッカーを根本から否定「そもそも蹴るって行儀悪い」
中居正広が7月期の連ドラに出演しない理由「汗だくで気持ち悪いから」