写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オープンテーブルは7月14日、ビアガーデン好きな"ビアガーデン女子"を対象に実施した「ビアガーデンに関する意識実態調査」の結果を発表した。

○最多は「3,000円以上4,000円未満」

昨年ビアガーデンに行った回数は「1回」が50.6%で最多。今年ビアガーデンに行きたい回数も「1回」が42.3%で最も多かった。昨年と比べると、今年は「1回」が8.3ポイント減少したのに対し、「3回」は10.0ポイント増の19.9%に増え、特に20代前半は13.5ポイント増の28.8%に拡大した。

昨年ビアガーデンで使った1人当たり1回の平均金額は、1位「3,000円以上4,000円未満」(44.6%)、2位「4,000円以上5,000円未満」(28.2%)、3位「5,000円以上6,000円未満」(16.0%)、4位「3,000円未満」(8.3%)となった。

今年の予算も、1位「3,000円以上4,000円未満」(42.3%)、2位「4,000円以上5,000円未満」(27.2%)、3位「5,000円以上6,000円未満」(16.3%)、4位「3,000円未満」(10.9%)と続き、昨年から大きな変動はなかった。なお、昨年に続いて上位3位の合計が9割近くを占めており、比較的リーズナブルな価格で気軽にビアガーデンを利用する傾向が続くと推測している。

店を選ぶ決め手は、「雰囲気」が77.2%でトップ。以下、「価格」が69.6%、「立地条件」が68.6%、「料理の種類の豊富さ」が61.2%、「ビール以外の飲みものの種類の豊富さ」が44.2%、「豊富なビールの種類」が38.5%と続き、ビアガーデン女子はビール以外の要素を重視していることがわかった。

調査期間は2016年5月26〜27日、有効回答は20〜49歳の女性312人。

(御木本千春)