15日、中国が自主設計・自主開発し、全面的に知的財産を所有するとしている高速列車が時速420キロでのすれ違い試験を行い、成功した。中国メディアによると、今回の試験は世界最高速度でのすれ違い試験で、1秒の間に117メートル進む速さだという。

写真拡大

2016年7月15日、中国が自主設計・自主開発し、全面的に知的財産を所有するとしている高速列車が時速420キロでのすれ違い試験を行い、成功した。中国メディアによると、今回の試験は世界最高速度でのすれ違い試験で、1秒の間に117メートル進む速さだという。

列車同士のすれ違いは動画の後半に記録されているが、あっという間に通り過ぎている。世界初の試験成功に中国のネット上では数多くのコメントが寄せられ、多くは「素晴らしい!」「中国がんばれ!」と成功を喜ぶ声だった。(翻訳・編集/内山)