写真提供:マイナビニュース

写真拡大

FFRIは7月19日、ソフトバンクが同日から提供を開始する法人向けセキュリティサービス「マネージド yarai」に、同社の標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」が採用されたと発表した。

「FFR yarai」は、標的型攻撃で悪用される未知の脆弱性やマルウェアの検知・防御に特化したエンドポイントセキュリティ製品。アンチウイルス製品のようなパターンファイルや単一的なアプローチのヒューリスティック技術に依存しない、プログレッシブ・ヒューリスティック技術を用いた防御機構を備えている。

FFRIのプログレッシブ・ヒューリスティック技術は、攻撃者の思考を先回りした検知ロジックを搭載する5つのエンジンで、検査対象のプログラムを多角的なアプローチで分析し、既知・未知にかかわらず、マルウェアや脆弱性攻撃を高精度で検知・防御するという。

「マネージド yarai」は、企業・組織内の「FFR yarai」ライセンスの統合管理をソフトバンクに委託するサービス。MSS(マネージドセキュリティサービス)をセットにして月額サービスで提供される。同サービスを利用することでより、管理者や管理コンソールの配置が不要になるため、初期導入や運用管理のコストを大幅に削減できるとしている。

(Aries)