浅草サンバカーニバルで何度も優勝しているサンバチームも参戦し、会場を盛り上げる

写真拡大

7月24日(日)、JR五反田駅東口にて「五反田夏祭り2016 〜GOTANDA Summer FESTIVAL〜」を開催。

【写真を見る】ステージまでの道中をサンバチームが練り歩く

■ 見ごたえあるサンバチームも登場

世界各国の領事館や大使館が集まる、五反田ならではの国際色豊かなお祭り。ステージでは、サンバチームによる演舞やバンド演奏などが催されるほか、商店街にある各国料理店が参加するフードブースでは、スペインやケニアなど世界の料理を楽しめる。

注目は、浅草サンバカーニバルの優勝チーム「仲見世バルバロス」による、会場からステージにかけての練り歩き。華やかな衣装と、リズミカルなダンスは迫力満点だ。また、お祭りなどのお囃子を演奏するグループ「五反田朱鷺」と、ブラジル音楽・サンバヘギを演奏するパーカッションバンド「Alawodudu」のコラボレーションも見逃せない。

屋台メニューには、都内でも珍しいケニア料理店「Masyuko's Buffalo Café」の肉などの煮込みをご飯にかけた「シチューライス」や、フランス料理店「シヤージュ」の鶏肉を低温の油で柔らかく煮込んだ「チキンコンフィ」など珍しい料理が並ぶ。

「サンバやフラダンスなど、世界中の歌や踊りのステージに加え、バンドによるライブステージも開催します。また、80年代を中心にセレクトした音楽を流す、野外DISCOブースもオススメです。世界中のグルメが味わえる飲食店ブースでは、おいしくてリーズナブルな料理を楽しめます。コンテンツ盛りだくさんで一日中楽しめる、日本で一番参加しやすい『駅前フェス』へぜひお越しください!」(広報担当の鶴井正博さん)。

異文化交流を楽しめる五反田のお祭りで、プチトリップ気分を味わってみては。【東京ウォーカー】