写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)とSBIホールディングスは7月19日、R3 CEV LLC(R3 CEV)が主導するブロックチェーンコンソーシアム「R3」において、ブロックチェーンの実証実験を共同で開始すると発表した。

「R3」は、現在世界各国の50社以上の金融機関が参加するワーキンググループで、ブロックチェーン技術を活用し、金融市場の効率化に取り組んでいく。

これまで、コンソーシアムに参加する金融機関において、ブロックチェーン技術の実証実験など複数のプロジェクトを行っているが、日本企業主導のプロジェクトは実施されていないという。

今後、みずほFGとSBIホールディングスの両社は、R3 CEVと密に連携し、ブロックチェーン実証に関するプロジェクトを共同で立ち上げ、同技術の金融サービスへの活用を主導で推進するとしている。

第1弾として、SBIホールディングスが主要株主を務める米Rippleの次世代決済基盤「Ripple Connect」を活用した国際送金の実証実験プロジェクト「Sora(ソラ)」を年内に実施する予定。また、「R3」における他の金融機関メンバーとの国際送金などへの拡大も検討していくという。

(Aries)