日本向けのGoogle「Android Auto」サービスが7月13日から開始されました。

最初から対応を謳っていた自動車メーカーやカーナビメーカーも、日本向けのサービス開始(アプリの登場)を待ちという状態でしたが、これで「Googleマップ」などを車載器で使えることになります(対応車載器とスマホをUSBで接続)。

1

待望の日本でのサービス開始により、数多くの自動車メーカー、カーナビ製メーカーで「Android Auto」がようやく稼働することになりますが、フォルクスワーゲンが早速、10車種31モデルにおいて「Android Auto」に対応すると発表しました。

フォルクスワーゲンの多くのモデルに標準搭載されているVolkswagen純正インフォテイメントシステム「Composition Media」内の「App-Connect」を介して利用することになります。

すでに利用可能であった「MirrorLink(スマホなどと車載機器を接続する規格のひとつ)」やApple社の「CarPlay」に、Googleの「Android Auto」が加わることで、より多彩なコネクティビティ機能を車内で享受できます。

現時点での対応車種は、下記のとおり。

Polo TSI Trendline、Polo TSI Comfortline、Polo TSI Highline、CrossPolo、Polo BlueGT、Polo GTI、The Beetle Base、The Beetle Design、The Beetle Turbo、Golf TSI Trendline、Golf TSI Comfortline、Golf TSI Highline、Golf GTI、Golf Variant TSI Comfortline、Golf Variant TSI Highline、Golf Variant R-Line、Golf Alltrack TSI 4MOTION、Golf Alltrack TSI 4MOTION Upgrade Package、Golf Touran TSI Trendline、Golf Touran TSI Comfortline、Golf Touran TSI Highline、Golf Touran TSI R-Line、Sharan TSI Trendline、Sharan TSI Comfortline、Sharan TSI Highline、Passat TSI Trendline、Passat TSI Comfortline、Passat Variant TSI Trendline、Passat Variant TSI Comfortline、Tiguan Lounge Edition、Tiguan 2.0 TSI Leistung 4MOTION

フォルクスワーゲン グループ ジャパンでは今後も「Android Auto」対応モデルを増やしていくと表明しています。

※写真はパサートGTEの「Discover Pro」画面ですが、試作車に搭載されたデモ画面です。

(文/塚田勝弘・写真/佐藤靖彦)

フォルクスワーゲンの10車種31モデルが「Android Auto」に対応(http://clicccar.com/2016/07/20/386727/)