デブな外見より、“本当に醜いもの”がやっとわかった【元アイドル22kgヤセへの道】

写真拡大

<元SDN48・なちゅ【29kgヤセへの道】33話>

 この7月、2週間で10kgリバウンドしました。

 もともと4ヶ月(去年6月→10月)で22kgのダイエットに成功した私なちゅですが、糖質制限ダイエットをはじめて1年、不眠症・糖質依存症その他の症状で精神的にも参ってしまいイライラ。体が限界に達し、この6月末にドクターストップがかかってしまいました。

 そして、好きに食べることを解禁にした途端に10kgのリバウンド。最悪だ。

◆「やっぱ豚だな」「ざまあみろ」と言われると思った

 そんな時の周囲の声は? 想像するのも恐ろしかった。

「結局デブに戻るのかよ、豚!」
「リバウンドしたら意味ないじゃん」
「もったいないね、なんのために頑張ったの?」

 そんな言葉聞きたくないけど、私の体が限界になったのが悪いんだ。そう全部自分の責任として背負うしかないと思いました。

 ところが、実際の周囲の声をお聞きください。

「なちゅさ…ダイエットやめて本当にいい顔になったね」
「最近幸せそうだね」
「ダイエットしてる時は頑張ってるから言えなかったけど、心配だった」
「ずっとダイエットやめたほうが良いと思ってたよ、やりすぎ」
「ダイエット中のなちゅは恐くて何もアドバイス出来なかった、今は話しやすい」

 え…何それ? 耳を疑うようなみんなの言葉に毎日驚きの連続です。

 正直ダイエットをやめてリバウンドしたら、こんな醜い豚の周りからは友達が離れていってしまうのではないか?言い寄って来てる男の人とかも、面白いくらい連絡がなくなるのかな。と懸念してました。

 もう人に会いたくないな。どうせ女友達なんかは太った私をみて「ざまあみろ」とか「なちゅがデブで安心した」なんて思うんだろうな。そう思った。

◆本当に醜いのは「ひねくれた考え」だったんだ

 でも違った。そういう「ひねくれた考え」を、まず、ダイエットすべきだった。そういうひねくれた考えが、セルライトみたいに、私に一番必要ないものだったの!

 可愛くて心の優しい友達はみんな、本当に私の健康を心から心配してくれていました。ダイエットに固執してしまい周りが見えてなかった。私が過度な食事制限で付き合いが悪くなっていた時も、不眠でイライラしてヒドい態度をとってしまった時も、周囲は心配しながらも、私のために見守っていてくれたんだなと。

 そして、これからまたダイエットを始めようとする私を懲りずに応援してくれようとしてる。

「一緒に過ごしてて楽しい」「明るくて笑顔がかわいい!」なんて言ってくれる男性も、ちらほら。ここら辺は言葉を濁しておこう…。

 ダイエットを中断して、好きなものを食べて、本当に毎日幸せを噛み締めてるけど、同時に本当に周りの人にも改めて感謝することができました。ありがとう。

◆痩せてリバウンドして、大切なことがわかった

 ダイエットって自分でする努力だから、結局、考え方一つだと思う。

 私は、去年デブでいるくらいならもう消えてしまいたいと思った。でも痩せてみて、自分の弱点もわかったし、改めて大切な人にも気付けました。そして自分の体を壊して健康を害する事は両親や友達にも失礼だなって思えました。

 これからも楽しいことして長生きしたいし、健康的にダイエットをしようって、今、心からそう思えることが本当にノンストレスで幸せなんです。正しい幸せなダイエットをしていきたいと思います。読者のみなさんも応援してくれますでしょうか?

 次週は、ダイエット再開です。レッツブー!

<TEXT/なちゅ LLUSTRATION/志真うた>
【なちゅ】
1984年大阪生まれ。’09〜’12年、アイドルグループ「SDN48」に所属。現在はタレント活動のほか、書道師範を活かして「ボディ書道」を広めている。2015年6〜11月の4ケ月で22kgの減量に成功。ダイエット検定1級を取得。
LINE BLOG http://lineblog.me/nachudesu1223/

【志真うた】
芸人、イラストレーター、歴史恋愛研究家、温泉ソムリエ。http://shima-uta.com/