【挑戦】『ママのうんち』を食べてみた

写真拡大

♪ママーーーーうーうーうーー♪ ……といえば、クイーンの超名曲『ボヘミアン・ラプソディ』だ。その歌い出しは確か「これは現実なん? 幻想とちゃうん?」みたいな感じだったかと思うが、これから紹介する料理を私(筆者)がお店で発見したとき、まさにそんな気持ちになった。

一体、何を見つけたのかというと……ママーーーーのうーうーうーんち!! もう一度言う、う・ん・ちである! もちろん、私は食べた。なお味については以下で触れるが、モロ出しのエグい画像は一切無いから、ひとまず安心してくれ。

・入店直後にお客さんからの強烈なひと言

東京都は荒川区町屋。京成・千代田線の町屋駅から徒歩1分もかからない場所に、その衝撃メニュー『ママのうんち』を出す店はある。お店の名前は「でこ助」というのだが、店名よりはるかに目立つのは「家に帰ったら何もないぞ!!」の文言だ。

オブラートが無さすぎる。いくら何でも無さすぎる。その “剥き出し感” が逆に怖い……。なんて思いながら、私が勇気を出してドアを開けると……あれ!? お店の人が見当たらない。「どうしたらいいのかな?」と私が戸惑っていたところ、1人のお客さんが私に声をかけてくれた。

「兄ちゃん、ママ、今うんこしてるから適当に座っとき」

この時点で、店の雰囲気がどういうものか、すでに察しがついた人も多いと思う。そう、そういう店だ。くだけた雰囲気……どころじゃない。くだけ散っている。ガード下の立ち飲み屋が部屋着を着たおっちゃんだとしたら、こちらはパンイチ。いや、全裸なんじゃないかと思うほど、スーパーカジュアル居酒屋だったのだ。

・手作り感あふれるメニュー表の中に

さて、そんなお客さんのひと言で席に着いた私。しばらくすると、店のママがトイレ(うんこ?)から戻り、席に近づいてきた。「とりあえず、何か注文しよか」と思いながら、私はびっしりと書き込まれた手書きのメニュー表に目をやると……

200円代、300円代のメニューがずらり。中ジョッキやハイボールが290円、肉じゃが200円、カルビ炒め380円、カレーライス290円と基本的にどれも安い! おまけに品揃えも豊富。なんだ、こりゃいい店じゃないか。なんて感じ始めたそのとき……! あっ! あっ! あーーーーーーーーーーー! ママーーーーーーーーーーーー!!

そこにあったのは、『ママのうんち(130円)』! まさかの、うんち! 飲食店のメニューに絶対にあってはならないもの!! さらに、『カラスのうんこ(50円)』まで。……その領域は絶対に手を出したらアカンとこやろ。そう思いながらも、私は怖いもの見たさでオーダーしてみることに。

・ネタバレ無しで

と、ここで大変申し訳ないのだが、『ママのうんち』が何かについて、本記事では公開を控えたい。というのも、『ママのうんち』と『カラスのうんち』はお店のジョークメニューらしく、ママとしては「頼んでからのお楽しみ♥︎」にしておきたいようなのだ。

そう言われたら断れまい! なんといっても、『ママのうんち』である。自分のうんちの特徴を明かされたら、男でも恥ずかしい。ましてやママは女性だ。赤面じゃ済まないはず。……というわけで、読者の皆様にはご不便おかけして恐縮なのだが、ママの乙女の恥じらいに免じて、非公開にすることを理解していただければ幸いだ。

・ヒント

ただ、可能な範囲でヒントを言うと……まず、ガチのうんちではない。食べられるものだ。そして食べた私の感想「うんちという先入観を捨てると、懐かしい味だった」というのもヒントになるかも。食感は……

おっと! これ以上言うと「私のうんちについて語るのはやめて〜」というママ叫びが聞こえてきそうだから、ここまでにしておこう。とにかく『ママのうんち』が何かを知りたければ、実際に自分でお店に足を運んで、確かめて欲しい。

その際、必要なセリフはただ1つ。「ママのうんち、いただけますか」だ。羞恥心に打ち勝って注文できれば、答えは自然と明らかになるだろう。健闘を祈る。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 でこ助
住所 東京都荒川区荒川7-22-5
時間 平日 16:00〜23:00、土日祝 16:00〜22:00
休日 不定休

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

この記事の動画を見る