いいね獲得につながるポイントは4つ

写真拡大

「インスタ」の愛称で親しまれ、若い人の間で人気のSNSといえばInstagramですよね。毎日、Instagramに写真を公開している方もいるでしょう。しかし、フィルター加工も使っているのになかなか「いいね」がつかない…ということはありません?せっかく頑張って撮影したのに反応がないのは寂しいですよね。そこで今回は「いいね」がつきやすくなる投稿方法を紹介します。

■ 「いいね」がつきやすくなる投稿方法4選

◎ 1:青系の写真を投稿する

SNSを有効活用するためのツールを開発している「Sprout Social」がInstagramの調査を行いました。その結果、Instagarmでは赤系の写真より青系の写真のほうが24%も反応があることが判明。また、カラフルな写真よりシンプルで単一色のほうが好まれ、反応は17%との差が見られました。

◎ 2:投稿時間を意識する

「普段Instagramをよく見る時間帯は?」と質問すると、多くの人が通勤や通学中、ランチタイム、寝る前と答えるのではないでしょうか。Instagramを見ている人が多い時間に写真を投稿すれば、ひと目につきやすく、「いいね」をしてもらいやすくなります。そのため、Instagramに触れている人が多い時間帯を狙って投稿するようにしましょう。

◎ 3:他のSNSと連携する

SNSといえばInstagram以外にも、TwitterやFacebookなどさまざまなものがあります。ぜひ、Instagramで写真を投稿したときはSNS連携をしましょう。Instagram以外のSNSでつながっているユーザーにも写真を見てもらえます。Instagramだけで「いいね」をもらおうとするより、他のSNSユーザーも巻き込むことで「いいね」がもらえる確率は上がります。

◎ 4:連続投稿はさける

いい写真が撮れたからといって、何枚も連続で投稿するのはやめましょう。フォロワーのタイムラインがあなたの写真で埋め尽くされてしまいます。それではフォロワーが他の写真を見られません。せっかくフォローしてくれたのに、フォローを解除される可能性もあり「いいね」をしてもらえなくなってしまいます。どうしても連続で投稿したいときは多くても3枚までにしましょう。

■ 目指せ1000いいね!

芸能人やセレブのように何千万と、いいねをもらうのは難しいですが、今回紹介したポイントやクオリティの高い写真を投稿すれば「1000いいね」も夢ではないかもしれません。

(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)