上層階ならではの眺望を活かした部屋づくり

写真拡大 (全2枚)

“赤プリ”の愛称で知られた旧グランドプリンスホテル赤坂の跡地(東京都千代田区)に新たにそびえ立つ複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」。

 その30〜36階にプリンスブランドの最上級と位置付けられたラグジュアリーホテル(ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町)が入ることは以前当サイトでも報じたが、7月27日の開業を前に、その豪華な室内やレストランなどが報道陣に公開された。

「プリンスホテルが長年にわたって培ってきたノウハウやサービススタンダードの集大成。『天空のオアシス』というフレーズがあてはまる快適な空間を追求した」

 武井久昌・プリンスホテル専務執行役員はこう自信を見せたが、上質感へのこだわりは客室料金にも表れている。全250室あるうち、42平方メートルと小さなグレード「デラックス ツイン・キング」で1泊6万3000円、最も広い「ザ・プリンスギャラリー スイート」(148平方メートル)は、なんと59万円もする。

 では、それだけの金額を費やしてまで泊まりたい客室なのだろうか。前出の武井氏はデザインコンセプトとして、「Levitation(浮揚感)」と「Framed Kaleidoscopic view(額縁で切り取られた万華鏡のような景色)」の2点を挙げ、上層階の眺望を活かしたつくりを強調した。

 内覧会を訪れたホテル評論家の瀧澤信秋氏も、見晴らしの良さが最大の魅力だと指摘する。

「プリンスギャラリーは外資系ホテルなどが入る他の高層ビルと違い、都会にありながら周囲に高い建物がない立地なのが大きな特徴です。そのため、どの部屋に泊まっても眺望がひらけており、大きな窓から東京スカイツリーや東京タワー、東京駅、皇居などがバッチリ望めます」

 眺望を存分に味わってもらう仕掛けは随所にちりばめられている。一部の客室には、窓枠のスペースにデイベッドが設置され、そこに横たわるとまるで空中に浮いているような気分になる。まさに浮揚感の演出である。また、窓際にバスルームのある部屋もあるため、入浴中でも東京の夜景が堪能できる。スイッチひとつで曇りガラスが透明になる最新設備つきだ。

 その他、各部屋には高品質のベッド、デスク、クローゼット、照明などの家具、壁には55インチ以上の大画面テレビが配置されている。ベッド脇にあるタブレットを使えば、フロントへの問い合わせのほか、ルームサービスや館内のレストラン予約、観光情報まで入手できる。

 もちろん、ホテル階にはオシャレなBARや和食レストラン、プールやジム、スパトリートメントエリアも完備している。

 まさに“贅の極み”ともいうべきホテルだが、気になるのは今後の稼働率だ。宿泊料金からみればターゲットは富裕層が中心になるだろう。だが、プリンスホテルは次代の顧客基盤を担う30代〜50代にもアプローチしていくという。

〈この世代の方々は特に、物事の価値を見出す能力に長け、価値があると判断したものには積極的に投資(=High value)し、先端技術やトレンドに敏感であり(=好感度)、サービスやしつらえにシンプルさも求める特徴を有している〉(プレス資料より)

 そして、プリンスギャラリーが最も期待しているのが、訪日外国人によるインバウンド需要だ。米スターウッドホテルと提携したのも日系ホテルのブランドを世界に広める狙いがある。

 プリンスホテルの幹部は、「外国人客比率を早々に7割にしたい」と意気込むが、外資系ホテルの日本進出も相次ぐ中、果たして思惑通りに集客できるのだろうか。

「ホテルの成否はいかにリピーターを増やすかにかかっていて、それは外国人でも同じです。どんなに豪華なハコをつくっても、サービスやホスピタリティといった人的なソフト面での特色を打ち出せなければ客数は伸びません。

 その点、プリンスホテルはここ数年、人材育成やブランディングを強化して『昔ながらのシティホテル』というイメージを払拭させてきました。今後、日本流のきめ細かなサービスが徹底できれば、世界に通用するホテルグループとして飛躍できるでしょう。プリンスギャラリーはその大事な試金石といえます」(前出・瀧澤氏)

 インバウンド需要を見込んだ都心部のホテル戦争は、今後一層激しさを増していく。7月20日には星野リゾートが大手町の一等地に日本旅館を前面に掲げた「星のや東京」をオープンさせるほか、2020年の東京五輪を前に大手町では新たにフォーシーズンズホテルの出店も控えるほか、ホテルオークラ本館の建て替えなど大型ホテルの開業ラッシュが続く。

 そんな中、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町は、旧赤プリの伝統を受け継ぎ、新しい名門ホテルの称号を手に入れることができるか、注目したいところだ。