スカパー!では、より多くの人が4K放送を体験できるようにするため、5月から4K画質の風景映像やスポーツシーンの4Kスーパースロー映像などが会員登録なしで視聴できる無料放送(ノンスクランブル)の「スカパー!4K体験」を開局した。また、「スカパー!4K映画」と「スカパー!4K総合」は、放送時間を拡大し、24時間放送を開始。放送を通じて、「一度見ると常識になる」高精細な4K映像を盛り上げていく。

65DX950_slant02

今回、全国の15歳〜79歳の男女が4Kテレビなどの所有についてどの程度検討しているのか、また、4K映像でどのようなコンテンツを楽しみたいと考えているのかについて把握するため、「4Kに関する調査2016」を4月30日〜5月4日の5日間で、インターネット調査により実施した。

■4人に1人が4Kの視聴を体験済み!半数以上は「4K視聴体験してみたい」

テレビを週に1日以上見ることがある15歳〜79歳の男女1000名(全回答者)に、4K映像の視聴体験をしたことがあるか、ない場合は体験してみたいかを聞いたところ、「体験したことがある」は23.7%とおよそ4人に1人の割合となり、「ないが、体験してみたい」は55.8%と半数を超えた。また、最近4Kテレビなどで対応している製品も多くなったHDR規格の映像の視聴体験についても聞いたところ、「体験したことがある」が8.9%、「ないが、体験してみたい」は66.2%となった。

4Kに関する調査2016

次に、≪4Kはフルハイビジョンよりも格段に美しい≫と思うか聞いたところ、『そう思う』が65.3%(「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」の合計、以下同様)となった。4K映像の視聴体験がある人は79.7%が『そう思う』と回答している。4K映像を実際に体験した人、高精細で色鮮やかな映像表現に驚きと感動を覚えたのではないだろうか。

4Kに関する調査2016

また、≪友人が4Kテレビを買ったら、家に遊びに行きたい≫と思うか聞いたところ、遊びに行きたいと思う人が29.1%となった。世代別にみると、10代や20代では遊びに行きたいと思う人の割合(10代44.4%、20代41.0%)が4割を超えた。機会があれば、4K映像を体験してみたいと考えている人が少なくないようだ。

4Kに関する調査2016

■4Kテレビの所有率は1割未満も、「これから欲しい」が5割半

4K対応機器の所有はどの程度進んでいるのだろうか。全回答者に、4K視聴対応機器を持っているか、持っていない場合は欲しいかを聞いたところ、それぞれの機器の所有率(「持っている」の割合、以下同様)は≪4K視聴対応テレビ≫では2.8%、≪4K視聴対応パソコンモニター≫では1.5%、≪4K視聴対応スマホ≫では2.1%となった。また、所有意向率(「持っていないが、欲しいと思う」の割合、以下同様)は≪4K視聴対応テレビ≫では55.2%、≪4K視聴対応パソコンモニター≫では45.7%、≪4K視聴対応スマホ≫では39.0%となった。未だ所有率は1割に満たないものの、テレビは5割半、パソコンモニターは4割半、スマートフォンは4割弱の人に所有意向があるようだ。

4Kに関する調査2016

また、4K撮影対応機器を持っているか聞いたところ、それぞれの機器の所有率は≪4K撮影対応ビデオカメラ≫では0.8%、≪4K撮影対応スマホ≫では8.0%となった。質問した4K対応機器の中では、≪4K撮影対応スマホ≫の所有率が最も高い。世代別に≪4K撮影対応スマホ≫の所有率をみると、10代は16.2%、20代は11.1%と1割を超え、その他の世代よりも高くなった。新しいモデルのスマートフォンに機種変更をしたら、いつの間にか4K撮影に対応していた、という人も多いのでは。

4Kに関する調査2016

さらに、4K撮影対応スマホの所有状況別に≪4K視聴対応テレビ≫の所有率、所有意向率をみると、4K撮影対応スマホを持っている人は所有率が11.3%、所有意向率が66.3%となり、4K撮影対応スマホを持っていない人の所有率(2.1%)、所有意向率(54.2%)に比べて、それぞれ高くなった。スマートフォンで4K画質の写真や映像を撮影しているうちに、撮影した映像を大画面で楽しみたい気持ちになり、4Kテレビの購入を検討したり、実際に購入に至ったりするケースもあったのではないだろうか。4K撮影機能のついたスマートフォンの利用が広まることで、4Kテレビの普及にもつながる可能性がみられた。

4Kに関する調査2016

■消費者目線では4Kテレビは「成功する」が優勢、3割は「そろそろ買いごろ」と判断

では、4Kテレビは今後、普及していくのだろうか。テレビの買い替えや4Kテレビに対して、どのような思いを持っているのかを質問した。まず、全回答者に、テレビを購入するときに重視するポイントについて聞いたところ、最も重視されていたのは「画質が良い(発色が良い、4K対応など)」52.3%で、次いで「価格が安い(1インチあたりの価格など)」41.9%が続いた。4K対応など、画質の良さを最重視するものの、価格の安さも無視できないポイントのようだ。以下、「メーカーが信頼できる(ブランド力がある)」35.0%、「操作性が良い(リモコンの使いやすさや番組表の見やすさなど)」26.7%、「録画・再生機能が豊富(同時録画機能、追っかけ再生など)」24.3%、「省エネ性能が高い」22.8%が続いた。

4Kに関する調査2016

次に、テレビの買い替えに関して、≪テレビの価格は安くなった≫と思うかを聞いたところ、『そう思う』が67.5%となった。また、≪“最新モデル”や“ハイエンドモデル”にこだわりたい≫と思うかについては、『そう思う』が41.8%となった。テレビの販売価格が下落傾向にあることを感じている人や、最新の機能や性能にこだわる人が多いようだ。

さらに、4Kテレビの状況について、≪4Kテレビのラインナップが充実してきた≫と思うかを聞いたところ、『そう思う』が62.5%、≪4Kテレビは普及する(成功する)≫では、『そう思う』が51.2%、≪4Kテレビは買いごろになってきた≫では『そう思う』が29.1%となった。4Kテレビに普及の兆しを感じ、そろそろ買いごろだと判断している人が少なくないようだ。

4Kに関する調査2016


■半数以上が「次の買い替え時は4Kテレビを検討」

では、どのようなタイミングで4Kテレビの購入意欲が高まるのだろうか。4K視聴対応テレビを所有していない人(972名)に、4Kテレビが欲しい気持ちが盛り上がるのはどんな出来事があったときかを聞いたところ、最も多かったのは、「次の買い替えタイミングが来たら(現在のテレビが壊れるなどしたら)」で52.5%だった。半数以上の人が、次の買い替えのタイミングで4Kテレビの購入を検討するようである。以下、「4K対応テレビが(もっと)安くなったら」37.0%、「4K対応のコンテンツが(もっと)充実したら」13.5%が続いた。

4Kに関する調査2016

また、テレビを所有している人(990名)に、現在メインで利用しているテレビはいつごろ購入したものか聞いたところ、「2011年頃」28.8%や「2010年頃」13.5%に多くの回答が集まった。地上波アナログ放送が停波し、地デジへの移行が完了した2011年やその前年にテレビを購入した人が合計で4割強(42.3%)となった。前回のテレビ購入から5年以上経過しているこれらの人たちが買い替えを行なうタイミングで、4Kテレビの普及に弾みがつくかもしれない。

図表10

■4Kコンテンツの供給「充実してきた」3割半、「未だ不足」6割半

全回答者に対し、≪4Kテレビのコンテンツが充実してきた≫と思うか聞いたところ、『そう思う』は35.2%、『そうは思わない』は64.8%(「そうは思わない」と「どちらかといえばそうは思わない」の合計)となった。3人に1人は、コンテンツが充実してきたと感じているようだが、未だ4Kコンテンツが不足していると感じている人が多数派のようだ。

図表11

では、4Kではどのようなコンテンツを楽しみたいと考えているのだろうか。全回答者に、4Kで観たいものを聞いたところ、「音楽ライブ」35.0%と「最新映画(4Kで制作)」32.6%が3割台で最上位の回答に、次いで、「スポーツ(野球)」23.4%、「国内ドラマ」23.2%、「スポーツ(五輪競技)」23.1%が2割台で続いた。音楽ライブや最新の映画、スポーツやドラマなどが4Kで楽しみたいコンテンツの上位となった。世代別にみると、10代と20代のトップ3には「アニメ」が、60代や70代のトップ3には「風景映像」や「旅番組・散歩番組」がランクイン。世代によって4Kで楽しみたいコンテンツの傾向が異なるようだ。

4Kに関する調査2016

■4Kで観たい映画のツートップは『スター・ウォーズ』と『アナ雪』

テレビのアップコンバート機能や、フィルムのスキャニング技術の進歩によって、昔放映された映画も4K画質で楽しむことができるようになった。そこで、全回答者に、“4Kで観ることができたら、より感動する”と思う映画を聞いたところ、1位は昨年最新作が公開された『スター・ウォーズ』と、アニメーション映画として全世界歴代1位の興行収入を記録した『アナと雪の女王』が同率でならび、3位は『ハリー・ポッター』、4位は『タイタニック』と『千と千尋の神隠し』が同率となった。世代別にみると、10代・20代の1位は『ハリー・ポッター』、30代の1位は『アナと雪の女王』、40代・50代・60代の1位は『スター・ウォーズ』、70代の1位は『サウンド・オブ・ミュージック』に。繰り返し楽しめる名作映画も、4Kで観ることができたらこれまでとは違った感動を味わえると期待しているのかもしれない。

4Kに関する調査2016

■4Kでより映える男性俳優のトップは「渡辺謙」、熱演・美貌がより際立つ女優のトップは「北川景子」

細部まで細かく、色鮮やかな映像を観ることができる4Kで映画やドラマを観ると、まるで俳優が目の前にいるかのような感覚で楽しめるといわれている。そこで、“4Kで観ることができたら、熱演や美しさ・かっこよさがより際立つ”と思う男性俳優と女性俳優をそれぞれ聞いたところ、男性俳優の1位は日本だけでなく、ハリウッド映画などでも活躍する「渡辺謙」、2位は昨年結婚を発表した「福山雅治」、3位は「トム・クルーズ」、4位は「ジョニー・デップ」、5位は「竹野内豊」となった。男女別にみると、男性の5位には健さんの愛称で親しまれる往年の銀幕スター「高倉健」、女性の4位には朝ドラで大ブレイクした「ディーン・フジオカ」がランクインした。

4Kに関する調査2016

一方、女性俳優の1位は、今年結婚を発表した「北川景子」、2位は数々のドラマや映画に出演し、今や不動の人気女優となった「綾瀬はるか」、3位は「吉永小百合」、4位は「広瀬すず」、5位は「石原さとみ」となった。

図表15

■4Kで音楽ライブを観たいアーティスト1位「嵐」は、スポーツ選手1位は「羽生結弦」

4Kで音楽ライブやスポーツ中継を観ると、まるでその場にいるかのような臨場感を覚えるといわれている。そこで、“4Kで音楽ライブを観てみたい”と思う音楽アーティストを聞いたところ、1位は“日本一ライブチケットが入手困難なアーティスト”と称されることもある、人気アイドルグループの「嵐」、2位は“日本で一番CDを売り上げたアーティスト”で、50歳を超えてなお衰えを知らないライブパフォーマンスを続ける「B'z」、3位は「SMAP」、4位は「Mr.Children」、5位は「EXILE」となった。男女別にみると、男性の3位には「AKB48」、4位には「サザンオールスターズ」が、女性の3位には「三代目J Soul Brothers」がランクインした。

4Kに関する調査2016

また、“4Kで活躍している姿を観てみたい”と思うスポーツ選手を聞いたところ、1位は歴代最高得点の世界記録を持つ、フィギュアスケート選手の「羽生結弦」、2位は今年メジャー通算500盗塁を達成し、通算3000本安打の大記録も目前となった「イチロー」、3位は「錦織圭」、4位は「浅田真央」、5位は「本田圭佑」となった。男女別にみると、男性の3位にはドルトムントで活躍する「香川真司」が、女性の5位には、今シーズンから海外に活躍の場を移した「五郎丸歩」がランクインした。

図表17

【調査概要】
調査タイトル:4Kに関する調査2016
調査地域:全国
調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする、テレビを週に1日以上見ることがある15歳〜79歳の男女
調査期間:2016年4月30日〜5月4日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:1000サンプル
(内訳)
男性500名(10代71名 / 20代72名 / 30代71名 / 40代72名 / 50代71名 / 60代72名 / 70代71名)
女性500名(10代71名 / 20代72名 / 30代71名 / 40代72名 / 50代71名 / 60代72名 / 70代71名)
実施機関:ネットエイジア株式会社

文/編集部