手軽に楽しむ真空管アンプ!しかもハイレゾが聴けます

写真拡大

目にする事がめっきり減ってしまった真空管アンプが生み出す懐かしく暖かみのあるサウンドは、いまだ音楽家や愛好家たちに好まれている。ヘッドホンアンプ「DSD真空管アンプハイレゾ音源対応DN-913739」は、レトロな見かけにも関わらず、84KHz/32bitのハイレゾ音源に対応。アナログあのにハイレゾ、けっこう楽しめそうな組み合わせだ。

手の平に乗りそうな小型アンプ。だけど十分楽しめるぞ!

「DSD真空管アンプ」は、アナログの音を高密度のデータでデジタル化したDSD(Direct Stream Digital)フォーマットもOK、最大384KHz/32bitまでの高音質なハイレゾ音源に対応するなど、使い勝手も良い。

付属のCDからドライバーと音楽再生ソフトを使用するPCにインストールすればOK、ハイレゾサウンドの出力が可能となる。

真空管アンプ ハイレゾ

本体は、電源スイッチを兼ねたボリュームコントローラーと、3.5mm/6.3mmオーディオ端子、USB入力端子、電源端子、丸型光デジタル出力端子/3.5mmミニ出力端子という、ごくシンプルなつくりだ。

広く普及しているPCMだけでなく、DSDフォーマットにも対応しているので、レコードのようになめらかでアナログの臨場感あるサウンドも再現。そのレトロな姿とハイクオリティな音、ほのかに灯る真空管の明かりで、心安らぐリラックスタイムを演出してくれるだろう。

真空管アンプ ハイレゾ
価格は2万2999円。高級オーディオには敵わないが、この価格で手軽に真空管を体験でき、ついでにハイレゾが聴けるオマケ付きという気分で楽しみたい。

上海問屋
https://www.donya.jp/item/73967.html

 

(文/&GP編集部)