「なんか知らんけどめちゃ楽しそう!」と男性が思う仕事4選

写真拡大

なぜか理由はわからないけれど、毎日楽しそうに見える仕事、ありますよね。そこで社会人男性から見て「毎日楽しそうでうらやましい!」と思う仕事について聞いてみました。どの仕事も大変かもしれませんが、やっぱりうらやましい?

■テーマパークのスタッフ

・「テーマパークでの仕事はアルバイトでしたことがあるが、しんどいけど、楽しくなければできない」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「東京ディズニーランドのスタッフ。誰かに夢を与える仕事は、辛くてもいい」(34歳/自動車関連/技術職)

・「東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのアミューズメント関係の仕事。作ってるんだと思うけど楽しそう」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

実際、やってみると大変なことも多いのかもしれませんが、いつも楽しそうでうらやましく見えるのがテーマパークで働く人たちの姿。あの笑顔は、心から楽しくないと作れなさそうですよね。夢を職業にしていると、自然と笑みがこぼれてくるのかもしれませんね。

■イベントがらみの仕事

・「イベント企画・運営、芸能関係。理由:華やかなイメージがありみんなで何かを作るという意味ではやりがいも感じられそう」(28歳/アパレル・繊維/その他)

・「イベント運営。イベント好きな人は自分の考えたイベントが実行されるので、楽しいと思います」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ミュージシャン。たくさんの人が、自分が作って演奏した曲に熱狂してくれている様子を見ると、楽しそうだと思うから」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

大勢の人たちとひとつの空間や時間を共有できるイベント系の仕事。やりがいがあるのはもちろん、毎日お祭りのようで見ていてうらやましくなりますよね。イベントは短期間で終わるものも多く、飽きそうにないのもうらやましい!

■モノを作るクリエイター

・「車のデザインを考える人。自分が考えた車にみんなが乗っているのはすごく素敵だし、嬉しい。今のデザインよりなんか、かっこいいデザインを作れそう!」(27歳/農林・水産/技術職)

・「いわゆるクリエイターは、考えることが好きな人にはとても楽しいと思う」(30歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

無から何かを作り出す仕事は、刺激的で楽しい体験がたくさんできそうですよね。また自分が作り出したものが、たくさんの人の目にふれ、生活の中に取り入れられると思うとそれだけで興奮! 毎日楽しく働けそうな仕事です。

■芸能人は大変そうながら楽しそう

・「芸能人。苦労もありそうだが、それだけ楽しいことも多いと思う」(32歳/農林・水産/技術職)

・「芸能人。つらいこともいっぱいあるけど、好きなことをやってる感じ」(32歳/運輸・倉庫/専門職)

プライベートな時間が限られ、つらいことも多そうな芸能人ですが、やはり一般人以上に刺激的な体験ができ、優れた人たちに出会う機会も多く、なんだかんだで楽しそうに見えてしまう職業ですよね。つい憧れてしまいます。

■まとめ

実際にやってみると大変で、上記のように「楽しい!」とは思えないのかもしれませんが、なぜか不思議と楽しそうに見える人たち。人々の夢や希望を扱う職業は、働いているだけで「前向きな気持ち」をもたらしてくれるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳〜35歳の働く男性)