第1子妊娠を発表した尾崎紗代子/画像提供:所属事務所

写真拡大

【尾崎紗代子/モデルプレス=7月19日】モデルの尾崎紗代子(26)が19日、モデルプレスにコメントを寄せ、第1子を妊娠していることを発表。同日付のブログで、改めてファンに報告した。

【さらに写真を見る】クールビューティで魅了…ランウェイで美ボディ全開の尾崎紗代子

尾崎は現在妊娠7ヶ月。お相手は会社勤めの一般男性で、入籍は「赤ちゃんが産まれるまでに」。妊娠がわかった数ヶ月前には、「多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)症候群」により「治るまで妊娠する事は出来ません」と診断されていたことも告白した。

◆公表への思い「少しでも励みになれば」


ブログでは、看板モデルをつとめていた雑誌『Happie nuts(ハピーナッツ)』の休刊や愛猫の死など、身の回りに相次いだ大きな変化に触れ、不妊の診断も含めて「そんな沢山の変化を温かく見守って、いつでも変わらずそばで支え続けてくれていたのは彼でした」と明かした。


病気についても「大きな変化の連続が伴い、身体に負担をかける事が続いてしまい結果的に不妊と診断されました」「現状の変化への焦りや仕事のプレッシャーで、無理なダイエットをした事も1つの原因になっているかと思います」と経験談。そうした経緯の公表に踏み切った思いを「私自身も当時悩んでいた事だったので同じ悩みの方へと、少しでもなんかの励みになればと思い合わせてお話をさせて頂いています。もしもご気分を害されるような事がありましたら申し訳ありません」とつづった。

初めての妊婦生活に喜びを噛み締めつつも「おっぱいには既に妊娠線が薄っすら出来てしまいゲンナリしてます。笑」と体の変化への戸惑いもありのままに伝える尾崎。今後もSNSを通じて、等身大の想いを発信していくとし「これから母になっていく私ですが、憧れです!とか応援してます!とか好きです!と言ってくださる皆様が居てくれる限りそれにお応えしていきたいたいと感じているのは変わりません。こんな私ですが、今後ともよろしくお願い致します!!!」と呼びかけている。

◆ファンから祝福殺到


コメント欄には「おめでとうございます!自分のことのように嬉しいです」「私も多嚢胞性卵巣症候群で赤ちゃんができにくいと言われました。オサヨさんのお話がとても励みになりました」「本当に美しい妊婦さん。マタニティライフをゆっくり楽しんで」など、祝福と激励の声が寄せられている。(modelpress編集部)

■尾崎紗代子(おざき・さよこ)プロフィール


生年月日:1989年12月20日
血液型:AB型
出身地:愛知県
身長:162cm
趣味:スケボー
特技:イラスト

ファッション誌『Happie nuts』(現在は休刊中)で活躍。クールビューティーな美貌や抜群のスタイル、飾り気のないキャラクターで人気を集め、同世代に支持されている。