セックスレスが原因の離婚で気になる「慰謝料はどうなるのか?」

写真拡大

結婚して年月が経つうちにセックスレスになってしまう夫婦は多いのではないでしょうか。

しかし、セックスは夫婦にとって大事な愛情表現であり深いコミュニケーション。セックスを断ると、パートナーは自分自身が拒否されたように感じ、愛されていないと思ってしまうことも。

また、セックスを断られることが続くと、他の異性に目がいくようになり不倫に走る可能性もあります。不倫から離婚に至るケースは多く、セックスを断ることで夫婦関係が破たんするリスクがあるのです。

そこで今回は、セックスレスの原因と解消方法、そして実際に離婚となった時の裁判のあれこれ、をお伝えします。

 

■1:セックスレスになってしまう原因

(1)セックスレスの定義

セックスレスとはそもそもどのような状態を言うのでしょうか? 日本性科学会の定義によると、

<特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャルコンタクトが一か月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合>

となっています。

(2)日本のセックスレス事情

日本は世界の国々と比較すると“セックスレス大国”であるという調査結果があります。イギリスの大手コンドームメーカーDurex社が行った2005年の調査によると、日本人の年間セックス回数の平均は45回。調査の対象国41か国中、一番低い数字です。

また、性生活に対する満足度は24%で対象国の中で下から2番目でした(ちなみに最下位は中国の22%)。海外と比べてまだまだ性に関して閉鎖的な文化も関係しているようです。

(3)セックスレスの原因12項目

セックスレスになってしまう原因はさまざまですが、主な原因は次のようなものがあります。

1・・・なんとなく求め合わなくなってそのまま

2・・・疲労や加齢による体力低下、ホルモンバランスの変化やEDなどによる性欲減少

3・・・妻(夫)に拒否される

4・・・お互いに見た目や性格が激変して色気を感じない

5・・・お互い疲れている

6・・・こどもの父親、母親としてしか思えない

7・・・精神的つながりだけで満足してしまう

8・・・両親と同居している

9・・・性交痛がある

10・・・セックスがつまらない

11・・・夫婦のコミュニケーションや接触不足

12・・・相手の浮気や風俗通いが原因で拒否してしまう

 

■2:セックスレスが原因の離婚の裁判

(1)日本の離婚原因におけるセックスレス

日本ではセックスレスは離婚の原因として法的に認められています。その法的根拠は、民法第770条内で「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」という項目です。この項目は、夫婦なら相手からセックスを求められたら応える義務があることを表しています。

数回断った程度では離婚の理由にはなりませんが、配偶者からのセックスの誘いを断り続けていたら、相手から離婚を申し立てられても仕方ないのです。逆に正当な理由がなく長期間セックスの誘いを断られ続けている立場だったら、相手に離婚を申し立てることができます。

(2)離婚裁判におけるセックスレスの扱い

離婚問題が話し合いや調停などで決着がつかない場合、裁判になってしまうことがあります。この時、セックスレスが理由の離婚問題の場合、セックスを拒否していたからといって罰金を取られたり、刑事罰を受けたりといったことはありませんが、裁判の判決が不利になる可能性は高くなります。

(3)どのような行為が裁判において不利か?

では、実際どのような項目に当てはまると、裁判において慰謝料の金額など不利になる可能性があるのでしょうか? 具体的に挙げていきます。

1・・・結婚したばかりなのにセックスを拒否する、または求めない

2・・・結婚前にはセックスしていたのに結婚してから拒否する、または求めない

3・・・病気などが原因でセックスできない体であることを言わずに結婚し、結婚当初から性行為がない

4・・・セックスレスの期間が長い

5・・・セックスレスに加えてモラハラ(言葉の暴力)やDV(暴力を伴う行為)があった

6・・・夫や妻の浮気が原因でセックスレスになった

(4)立証に必要な準備

また、以上のようなことを裁判で立証するための対策としては、たとえば夫や妻の浮気が原因の場合は浮気相手とラブホテルに入っていく写真や音声、手紙やメールなど有利な証拠を集めることです。

セックスレスの期間が長い場合はその期間を記録した日記、モラハラやDVの場合は虐待を記録した日記、実際にけがをして病院にかかった際の診断書や夫または妻が壊した家財の写真などが有効です。

(5)慰謝料事情

セックスレスが理由で離婚となった場合の慰謝料は、相手に与えた精神的・肉体的苦痛の度合いによって異なりますが、一般的に100〜300万円ほどと言われています。

また、慰謝料を支払う側の経済力や社会的地位なども考慮されます。そのほか、婚姻期間の長さや相手の年齢、職業や養育する子供の人数や年齢などによっても異なります。

高額の慰謝料を請求したい場合は、自分の収入や相手方の収入を証明する給与明細などの資料や、セックスレスになる前の段階から継続的に記録した日記など、きちんと証拠をそろえましょう。

 

■3:万が一の裁判で相談すべきは誰か?

セックスレスが原因で離婚裁判になる場合、誰に相談すれば良いのでしょうか? 離婚カウンセラーを称する行政書士やNPO法人などもありますが、実際の裁判の場合は弁護士に相談するのがベストです。

特に離婚問題を得意としたスペシャリストの弁護士なら、お金やその他のトラブルについて上手に対処してくれます。

 

■4:セックスレスの解消方法10

離婚につながりかねないセックスレスを解消するためには、次のような方法を試してみてください。

1・・・夫婦だけの時間を作る(こどもが寝た後、2人でお酒を飲んだり、時々こどもを預けて2人でデートしたりする)

2・・・マッサージをするなどスキンシップをとる

3・・・パパ・ママではなく、下の名前で呼び合う

4・・・リゾートなどの旅先で環境が違うときにセックスする

5・・・お風呂に一緒に入る

6・・・下着をセクシーなものに変えてみる

7・・・服装やお化粧などに気を使う

8・・・優しく接する

9・・・一緒の寝室で寝る

10・・・2人でできる共通の趣味を持つ

 

夫婦にとって大切な愛情表現であるセックス。さまざまな原因でセックスレスになっている夫婦は、まずは自分自身を見つめ直して、原因を探っていきましょう。

セックスレスを解消してより良い夫婦関係を保つために、パートナーをいたわりながらきちんとコミュニケーションをとってお互いを理解する努力を続けていってくださいね。

 

【関連記事】

※ 離婚原因別の慰謝料の相場とより高額の慰謝料を獲得する方法

涙ぐましい…妻の「セックスレス解消」の努力、夫を褒めると同率1位は?

セックスレスの原因!? 夫の「その気」が萎える妻のNG行動NO.1は…

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 成績アップの秘訣は声かけと○○!親として用意したい「勉強する環境」とは

やっぱり!「カルシウム」だけでは子どもの身長は伸びないと判明

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

バレバレ…!男性が「気がある女子にだけ送る」ビジネスメールの私信3つ

※ 5位エッチが上手そう!20代男性が「年上と付き合いたい理由」1位は

 

【画像】

※ bee / PIXTA(ピクスタ)

※ Graphs / PIXTA(ピクスタ)

※ Pakhnyushchyy / PIXTA(ピクスタ)

※ xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

※ Ushico / PIXTA(ピクスタ)