ユーロで活躍の北アイルランド代表GKマクガバーンが降格ノリッジへ移籍

写真拡大

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジは19日、スコットランド・プレミアリーグのハミルトン・アカデミカル所属、北アイルランド代表GKマイケル・マクガバーン(31)を獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの3年となっている。

▽ノリッジを率いるアレックス・ニール監督とハミルトンで師弟関係にあったマクガバーンはノリッジの公式サイトで次のように語った。

「以前、監督とは共に仕事をしている。それが移籍の大きな決め手となったよ。他からも誘いはあったけど、監督とまた仕事がしたいと思ったんだ。チームにも馴染みの顔がいるし、ノリッジに加入できて嬉しいよ。とはいえ、ノリッジには一流のGKがいる。競争は厳しいだろうね。でも、楽しみだよ。そして若手GKをサポートする働きをしたい」

▽マクガバーンは先日行われたユーロ2016で北アイルランド代表として4試合にフル出場。初出場のチームを決勝トーナメント1回戦まで導く働きを見せていた。