【漂白剤不要!】卵の殻で食器をピカピカにしてみた

写真拡大

きれいに洗っているつもりでも、いつの間にかついてしまっている茶渋。漂白剤に漬ければ一発で汚れは落ちるが、その後の匂いや、口につけるものに漂白剤を使うのはなんとなく抵抗が……という人も多いのでは。そこで、洗剤以外の何か身近なもので、茶渋を落とす方法はないかと「教えて!goo」で検索してみると、「身近な物での汚れ落とし」という質問を発見した。

寄せられた回答を見ると、「確か茶渋は歯磨き粉でみがくとすぐに落ちると聞いたことがあったなぁ」(orange074さん)や「卵の殻がいいですよ。口が狭くて奥が洗いにくいものは、卵の殻を砕いたものと、少量の水を入れてシェイクシェイクで、きれいになるそうです」(kisukeblueさん)といった回答が。歯磨き粉で汚れが落ちるというのは想像がつくが、卵の殻というのはとても意外である。本当に茶渋を落とすことができるのだろうか。実際に挑戦してみることに!

■洗剤不要!水と卵の殻だけ!

やり方は非常に簡単である。卵の殻を細かく砕いてマグカップや湯のみに入れ、その上から水を含ませたスポンジで磨くだけ。たったこれだけで、なかなか落ちなかった頑固な茶渋も、きれいになってしまうというから驚きだ。

詳しい手順は動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/29CN6kS

■水筒やタンブラーはシェイクすればOK♪

口が狭い食器や、水筒やタンブラーなど、スポンジが届きにくいものは、卵の殻と少量の水を入れてふたをし、シェイクすることで同様の効果が得られる。漂白剤嫌いの人でも、これからは安心して茶渋をきれいに落とすことができるのではないだろうか。

放置している茶渋がついたマグカップや湯のみがある方はぜひ挑戦してみてほしい。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)