アーティストのレキシが初代「サングラス大使」に就任

写真拡大

 「めがねのまち」として知られる福井県鯖江市が、アーティストの「レキシ」として活動する池田貴史を初代サングラス大使に任命した。 レキシがサングラス大使に就任の画像を拡大

 「サングラス大使」は、国内の眼鏡フレーム製造シェアの約8割を占める鯖江市が、眼鏡だけでなくサングラスまで幅広くPRしていくことを目的に創設。「鯖江のことをこよなく愛し応援し、かつ、サングラスがトレードマークになっている人物」を基準に、鯖江市出身でライブやメディア出演時には、サングラスをトレードマークとして着用してきたレキシが起用された。デビューアルバム収録曲「歴史ブランニューデイ feat. 足軽先生(いとうせいこう)、シャカッチ」では鯖江市を舞台に、牧野百男市長も出演したミュージックビデオを制作するなど、地元への貢献が称えられ今回の就任に至った。 福井市内で行われた会見に出席した牧野市長は「池ちゃんは鯖江の星。第1号のサングラス大使にぴったりのキャラクターだと思います」とコメント。市長から、巻物式の任命書とネーム入り特注サングラスが贈呈されたレキシは、「やっと鯖江市に貢献できてとても嬉しい。これからは雨の日も雪の日もサングラスをかけ続けます」と喜びを表現した。