ナイジェリア・ラゴスのモスク前で、「ポケモンGO」をプレーするティミさん(中央)ら(2016年7月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】世界中で熱烈な人気を呼んでいる任天堂(Nintendo)のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(Pokemon Go)」をプレーするなら、清潔で明るい米サンフランシスコ(San Francisco)の路地や手入れが行き届いたニューヨーク(New York)の公園は絶好のプレースポットだろう。

 一方、無謀な運転を試みるオートバイであふれ、下水は悪臭を放ち、泥棒がうろつきまわるナイジェリアの最大都市ラゴス(Lagos)は、ポケモン探しに適した場所には見えない。

 しかし、このアフリカ西部の大都市で暮らす住民の中には、そうした状況をものともせずポケモンの捕獲に意欲を示す人もいる。

 23歳のソフトウェア開発者、ティミさんはAFPの取材に対し「ここは『マッドマックス(Mad Max)』みたいな世界だ。頭脳明晰じゃないと、けがすることになる」と語った。

 ティミさんの弟でラゴス大学(University of Lagos)で電気工学を学ぶタデさん(19)も「携帯電話を取り出すだけで危険なときもある。泥棒がハエみたいに寄ってくるからね」と話した。

 ラゴスでポケモンGOをプレーするのは危険かもしれないが、利点もあるとタデさんは言う。「ナイジェリアはメインストリームを成す国じゃないから、レアなポケモンがたくさんいる。僕にとっちゃ、ここに住んでることはラッキーだよ」

 実際、テイドさんは緑色の怪獣「フシギダネ(Bulbasaur)」を何度も見かけたという。しかしフシギダネは手ごわいモンスターで、まだ捕獲できていないそうだ。

 今のところ、ポケモンGOが公式に配信されている国は米国やオーストラリア、ニュージーランドなどわずかだが、世界各地にいる数多くのファン同様、ティミさんとタデさん兄弟もポケモンGOをダウンロードする方法を発見した。

 ポケモンGOへの熱意は、アフリカ最大の携帯電話市場を持つナイジェリアにおける「モバイル革命」の兆しを示すと言える。

 ブルームバーグ・ニュース(Bloomberg News)によれば、ナイジェリアでは国土の90%に3Gモバイル通信網が行き渡っており、ナイジェリア人の多くは1人2〜3台の携帯電話を所有している。
【翻訳編集】AFPBB News