ただの腰掛けじゃない!座れば健康になれる革新的チェア

写真拡大

スツールをかっこよくしたようなこのチェア。いったい何がいいのか、一見しただけでは分かりにくい。ドイツでイノベーション賞を受賞したというaeris社のエルゴノミクスチェア「150-SNCERG6」(15万8000円)が、サンワダイレクトから発売されるようになった。実はこれ、バランスボールのような効果を得られる高性能チェアなのだ。

高さだけでなく硬さも調節も可能

一般的なオフィスチェアが体にとってイイと思っている人は、おそらく少ないだろう。調節できる部分は少なく、椅子に合わせた姿勢を取らざるをえない場合も多い。しかしそれでは健康によろしくない。

このaeris社のエルゴノミクスチェアは、数多くの調節が可能となっている。レバー操作での座面高調節(58〜70cm)は当然だが、それ以外にも、主軸部分の大型バネの硬さの調節が可能だ。これにより、好みの座り心地に変えられる。

20160719_sanwasupply04

さらに、軸自体の硬さ調節できる。ここがポイントで、実はこのチェア、前後左右に傾くのだ。

20160719_sanwasupply03

バランスが取れていないと、安定して座れない。バランスを保とうとするには、背筋を伸ばした姿勢が肝心。まさにバランスボールと同じなのだ。

20160719_sanwasupply01

もちろん、しっかり座れるということは、体のバランスが取れていて健康的な姿勢になっている証でもある。デスクワーク中心で、一日中椅子に座って作業している人にとって、姿勢は重要だ。そのためにも、人間工学に基いて作られたこのチェアは、役に立ってくれること間違いない。クッション材にはウレタンフォームを使っているので、長時間座っていてお尻が痛くなることもない。

20160719_sanwasupply02

ちょっと腰痛かも…、という人はぜひ試してほしい。

エルゴノミクスチェア「150-SNCERG6」>> http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/150-SNCERG6

(文/&GP編集部)