武井咲さんと滝沢秀明さんが禁断の恋を演じる話題のTBSドラマ『せいせいするほど、愛してる』。武井さん演じる栗原未亜と滝沢さん演じる三好海里の恋を通じて、恋愛のオキテについて学んでいきたいと思います。

先日放送された第1話では、未亜と海里が運命の出会いを果たします。そこから2人は徐々にお互いを意識していき、恋が始まるような予感があったりしました。

そこで今回は、男が“運命の出会い”だと感じる瞬間について紹介します。


(c)TBS

■「共通点」がやたらと多い

初めて会ったにも関わらず、やたらと共通点が多い場合、他人だとは思えないような不思議な感覚になるもの。そしてそれは、他の女性たちとはちょっと違う女性として、男性が意識してくれる要因にもなるのです。

趣味や好きな映画や音楽、出身地、住んでいる街など、共通点が多ければ多いほど、運命のようなものを感じてしまいます。趣味や好きなものが同じだと、デートに誘いやすくもなるので、恋愛にも発展しやすくなりますよ。

 

■初対面でも「話が合う」

初対面の女性と話すときは、緊張してしまう男性が多いです。それなのに、なんだか最初からやたらと話が合う女性だった場合は、男性の中でもかなり印象が良くなります。

会話が弾む女性とは一緒にいて楽しいですし、「また話したい」と男性は思うもの。初対面からそんな感覚になれる女性とは、運命だって感じてしまうでしょう。

「○○さんって話しやすいですね!」なんて言ってあげると、ますます男性に話が合うことを実感してもらえますよ。


(c)TBS

■「自然体」でいられた

初めて会ったのに“自然体”でいられる相手とは、運命を感じやすいです。未亜と海里も、初対面からすんなりと会話ができていましたし、ぶつかって落とした指輪を一緒に探したりもしていました。

普通は初対面の相手とは、どこかよそよそしくなってしまいますし、いきなり砕けた会話などはできないものです。それなのに、いきなり自然体でいられるというのは、どこか波長が合う証拠でもありますね。

お付き合いにもすんなりと発展しやすい2人という証拠でしょう。

 

■「偶然会う」ことが多い

実は海里は、未亜の働く会社の新任の副社長でした。しかも、社内研修の一環で未亜のいる広報部にやって来て、未亜が海里の教育係をすることになったのです。

偶然のように何度も会ったり、驚きの再会をしたりしたような相手には、男性も「運命の相手なのかも……」と思ってしまうもの。

他の女性とはちょっと違う感じがしますし、偶然という名の必然であるかのような気分になったりするものです。

偶然の再会は男性だってテンションが上がるものです。なので、そこでしっかりと次に会う約束などを交わして、ちゃんと繋がりを保てるようにすると、恋愛への発展も望めるかもしれませんね。


(c)TBS

“運命の出会い”だと男性に感じさせることができたら、2人の関係性も大きく変化していくでしょう。

間違いなく男性はあなたのことを、強く意識するようになるはずですよ。

今夜22時から放送の『せいせいするほど、愛してる』第2話は、海里が実は既婚者であることを知ったものの、キスをして未亜は気持ちが揺れ動いてしまいます。果たして2人の関係はどうなっていくのでしょうか? ぜひお見逃しなく!

【参考】

※ 「せいせいするほど、愛してる」 - TBS

【関連記事】

※ 今夜放送!ドラマ「せいせいするほど、愛してる」見どころ徹底ガイド

※ ドラマ「せいせいするほど、愛してる」中村蒼「関西弁男子」「ハイブラ男子」役で出演決定!

※ これって運命かも…♡「一目惚れ」から始まる恋のメリット&デメリット

※ 男女2,900人に聞いた!「運命の出会い」と感じたエピソード

※ 運命の相手を見つけて結婚できた女性がやっていたこと・3つ