世界一の美女は一体誰だろう?各人がそれぞれ、心の中に答えを持っているに違いない。英国の美容整形専門家はこのほど、「黄金比」にもとづくコンピュータ新型マッピング技術を開発、最高の美女を探し出そうと試みた。

写真拡大

世界一の美女は一体誰だろう?各人がそれぞれ、心の中に答えを持っているに違いない。英国の美容整形専門家はこのほど、「黄金比」にもとづくコンピュータ新型マッピング技術を開発、最高の美女を探し出そうと試みた。新華網が伝えた。

【その他の写真】

研究チームは、この「古代ギリシャの基準」から、ジョニー・デップと離婚騒動を起こした米国人女優アンバー・ハードが「世界一の美女」であるという結論に至り、黄金比との合致度は91.85%に達した。彼女に続いたのは、名門の令嬢キム・カーダシアンと人気モデルのケイト・ムースだった。

また、研究によると、アンバー・ハードは世界一美しい鼻と顎の持ち主で、「ブラック・ウィドウ」こと米国人女優スカーレット・ヨハンソンは最も魅力的な眼を持っており、キム・カーダシアンの眉は世界で最も美しい眉という。

研究チームはさらに、「黄金比」にもとづき、世界で最も美しい女性の顔を創り出した。だが、美しいかどうかに対する感じ方は、人によって異なる。英美容整形界の大家Julianne De Silva博士は、英デイリー・メール紙の取材に対し、「これまで、黄金比には美の神秘が隠されていると思われていた。だが、コンピュータ技術が発達した今、われわれはその技術を女性の外見にも応用することが可能となった。美をこよなく愛する女性たちがプチ整形を行う際には、この技術を参考とすることができる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)