写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●世界に広がる義手の制作事例
年に1度、メディア芸術作品の顕彰を行う「文化庁メディア芸術祭」。2016年はこの芸術祭が始まってから20周年の節目を迎えたことを受け、例年の受賞作品展に加え、「文化庁メディア芸術祭 20周年企画展―変える力」が10月15日〜11月6日にかけて開催される。

開催3カ月前の7月14日、同展の開催発表会見において、第18回に受賞した筋電義手「handiii」を開発したexiiiによるプレゼンテーションが行われた。受賞から2年、既存の義手の常識を大きく覆し注目を集めたプロダクトは、どのような進化をたどってきたのだろうか。

今回は、exiii(イクシー) CCO・小西哲哉さんに、筋電義手のオープンソースプロジェクト「HACKberry」の現状について聞いた。

――これが、プレゼンテーションでお話されていた「HACKberry」ですね。

ええ、そうです。HACKberryの初期バージョンと、森川さんの要望で変更を加えたものを持ってきました。今回、プレゼンテーションでは受賞作でもあるhandiiiを装着していただきましたが、森川さんが普段の生活で使用しているのはHACKberryです。

森川さんに使ってもらうことによって得られる気づきはとても多いんですよ。分かりやすいのが親指ですね。

HACKberryではつまみ動作を重視していて、細いものや薄いものをつまめるようにしたんですけれど、最初のバージョンの形状だと、固定された親指がつまむ動作の邪魔になってしまうんです。森川さんから「物をつまむ時、左手で親指の角度を変更したい」という声をいただいて、それができるように改良しました。

また、ソケットは最初のモデルのものでなく、森川さんの腕の3Dスキャンデータから出力してつけました。ただ、これは3Dプリンタで出したままの状態で、あまりきれいではないので、これから直していきます。

――sxswなど国内外の展示会をはじめ、いろいろなところで顕彰されたり、展示されたりする機会の多いhandiii(およびHACKberry)ですが、メディア芸術祭20周年展であらためてexiiiの取り組みを発表されることにした経緯は?

この展示について、僕らのほうからお願いして展示の場をいただいたというよりは、今回の展示のテーマ「変える力」というテーマに即した歴代受賞作のひとつとしてお声がけいただいた、という流れですね。

義手業界を変えたいという僕たちの思い、そして森川さんのようなユーザーと健常者との関係性を変える力が(exiiiのプロダクトに)あると思っていただいたのかな、そうであればいいなと思っているのですが。

展示がはじまる10月ごろには、世界のどこで、どんな義手を作ったのかという事例の紹介を、今回のプレゼンテーションより件数が増えた状態で出せると思います。プロダクトの性質上、やはりモノを借りてくることは難しいと思うのですが、作った方達たちは映像などでこちらに届けてくださるので、それらをたくさん展示できればと思います。

――HACKberryプロジェクトの制作事例について、プレゼンテーションでお話になった以外ではどんなものがありますか?

事例というか、Twitterで「exiii」「HACKberry」などのキーワードで検索すると、日々ヒットする件数が増えているような状況です。海外の方が、自主的に作ってくれる人が多い印象です。

――感覚値でどの国が多いなど、傾向はありますか?

アメリカの方が多いような気はします。ですが本当に世界中に散っていて、ロシアや中東あたりからの投稿もありますし、ヨーロッパ、ドイツ、ポーランド、イギリスなどでも取り組んでくださる方はいます。

そうですね、中国の方は多いかもしれません。中国、台湾、韓国、タイも多いです。

――国内での取り組みは何か行っているのでしょうか?

国内に関して言えば、上肢障害者の方々が設立したNPO法人「Mission ARM Japan」と一緒に、電動義手の普及活動を行っています。社会問題の解決にテクノロジーをもって取り組む非営利団体を支援するGoogleの取り組み「Google Impact Challenge」から金銭的な支援をいただき、それを活動資金としています。

日本国内での義手の普及率はわずか1.7%とお話しましたが、現行のものより安価な義手を広めることで、普及率を向上させ、欧米並みの数値にあげていこうとしています。やはり高価な義手では普及率は上がっていかないので、義肢装具士さんと一緒になって、上肢障害者の方と一緒に義手を作っていくワークショップなど、地道な活動を行っています。その他、広島国際大学の義肢装具士のたまごの方々との取り組みも行うなど、地方でもプロジェクトを展開しています。

●義手をHACK(ハック)する世界のユーザーたち
――メディア芸術祭で行ったhandiiiの展示では、カラーや柄の異なるものが複数展示されていました。HACKberryではプロジェクトの性質上、exiiiの側からデザイン提案を行うというよりは、各地のユーザーの自主性を重んじるというところでしょうか?

ええ、そうですね。

――exiiiの手がける義手は、ロボティクス性を押し出したというか、メカらしいデザインが印象的です。各地でオープンソースのデータを元に作られている義手もデザインの方向性は変わらず、というところでしょうか?

はい。ただ、腕にとりつけるソケットの部分は、森川さんのものを3Dスキャンで作っていると告知して以降、アレンジしてご自分に合う物を作っていらっしゃるケースが多いです。センサーを変更したドイツの方もそうでしたね。

ああ、でも、……ひとりいらっしゃいましたね。ガワのデザインを、原型がなくなるまで変えていた方が(笑)そこは自由にやってもらえたらなと思っています。

また、手の先の部分すらもないものもありましたね。それを作ったのはドッグブリーダーの方で、力を入れると指先というか手の先から、犬のエサが出るようになっていました。なるほど、それも面白いじゃないかと(笑)

――ユーザーの主体的な開発が進んでいる、というところですね。ところで、HACKberryはオープンソースプロジェクトなので、exiiiの収益への影響はないということでしょうか?

このプロジェクトに関して、僕らは権利を押さえてビジネスをするという目的はなく、むしろ権利関係があったらオープンなイノベーションの妨げになってしまうのではという懸念もあるので、あまりそこはうるさく取り決めていません。

そうは言っても、「モノを作る人同士のリスペクト」というものが強くあると感じます。例えば、中国や中東などから、これを量産して売りたいんだというお声がけが複数あって、それらについて承諾のお返事をすでにしています。その返事のあと、先方から「売り上げの何%かを(exiiiに)払いたいんだ」というご連絡をいただきました。

――敬意を表して、先方から進んで利益分配のご相談があったんですね。

はい。こうした量産化、ビジネス活用の要望があったことを受けて、オープンソースの利用規約のなかに反映しました。「もしもデータを営利目的で使用する場合、収益の一部をexiiiに還元して頂くことで、プロジェクト全体を持続可能にできる形にしていただく」項目を加えました。

――昨今のムーブメントを受けてプロダクトの量産化に邁進しているスタートアップが多い中で、これだけ世界各国からユーザーのフィードバックを受け、自社でもプロダクトをブラッシュアップをする中で、自社生産をされていないのは新鮮に映ります。exiii発のプロダクトとしての商品化は考えていないのでしょうか?

先ほどお話しした海外メーカーからの声かけが実現すれば、量産されることもあるかと思います。ですが、exiiiとしては他にも取り組んでいることがありますし、このプロジェクトに関しては世界中に広がってくれれば、それが一番いいと考えています。

――2020年に東京でパラリンピックが開催されるにあたり、義肢が注目される機会も増えるかと思います。他企業・団体などとの協業事例はありますか?

僕が関わっているもので言えば、デザイン面で協力しているプロジェクトがいくつかあります。ソニーCSLの遠藤謙さんの義足や、国立リハビリテーションセンターで河島先生が手がけている下肢装具(歩行補助具)のデザインなどをやらせていただいています。

――HACKberryのプロジェクトに「終わり」というものはないのだとは感じるのですが、何かロードマップはありますか?

今後は、ある意味子供が成長して巣立っていくのを見守るように、動向をみていこうかなと。先ほどもお話しましたが、あとはユーザーが改善してもらったものをどんどん発表していただいて、フォーラムの上で活発に交流を広げてもらうことで、僕らが関わらなくても自動的にアップデートされるようなものになっていったらいいなと思います。

メディア芸術祭20周年展 変える力
会期 2016年10月15日〜11月6日
メイン会場 アーツ千代田 3331
サテライト会場 NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]、UDX THEATER、国立新美術館 他
開場時間 11:00〜19:00(※入場は閉場の30分前まで)
入場無料 ※一部のイベントは有料

(杉浦志保)