「人種差別」は心身の健康を損なう。たとえ自分以外の人がそれを受けても:研究結果

写真拡大

人種差別によるストレスは、心身の健康に大きな影響を与える。家族や友人、そして自分と同じアイデンティティをもつ人が傷つけられるニュースを見ることでも、そうした影響を受けることがわかっている。

「「人種差別」は心身の健康を損なう。たとえ自分以外の人がそれを受けても:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

ニューヨーク市にあるセント・ジョーンズ大学で心理学を研究するエリザベス・ブロンドロ教授は数年前、市の交通取締局を訪れてカウンセリングを行った。取締官のほとんどはアフリカ系米国人であり、違反チケットを発行するたびに(ドライヴァーから)罵倒を浴びることは日常茶飯事なのだという。

「『豚野郎』や『まともな仕事に就け』といったことを言われ続ける人々には、通常の行動療法を行うことができました」とブロンドロ教授は述べる。教授のチームでは、リラックスの訓練とスキット(小劇)による治療を実施し、大抵は効果があった。「一方で、人種に関する侮辱はかなりの絶望感を与えるため、同様の方法で対処することはできませんでした」

ひとつだけ確かなこと

この経験からブロンドロ教授は、人種差別による精神的および身体的なダメージを研究することになった。

精神的健康については、人種差別に関する出来事を多く体験したと話す人ほど、気が滅入ったり不安を感じたりする兆候が増えることが研究で示されている。

そして身体的な健康については、アフリカ系米国人は、糖尿病や高血圧、心血管疾患の割合が異常に高いことが知られている。もちろん、人種差別が健康問題を引き起こすかについては判断が難しい。社会経済状況といったほかの要素も影響を与えるからだ。

ただし、ひとつだけ確かなことがある。人種差別はストレスの原因になり、ストレスは人間の心と身体に混乱を引き起こすということだ。

ストレスは限界を超えると、身体の正常な機能が破壊されると考えられている(「アロスタティック負荷」と呼ばれる)。ストレスが増えると体内のコルチゾールが増え、それによって、例えば心血管疾患などが増加することにつながる。

「人種差別された経験と健康状態の悪化との関係」を問う研究は増加している。その内容は、心血管疾患のほか、憂うつ感から低出生体重など多岐にわたる。

RELATED

家族や友人、社会とともに

デューク大学で社会学を研究するシャーマン・ジェイムズ教授はこうした現象について、よりイメージしやすい「ジョン・ヘンリー病」という造語を考えた。もちろんこれは、アフリカ系米国人庶民の英雄として有名なジョン・ヘンリーからきている。岩を砕いて山を掘る、鋼鉄ドリルとの対決に挑んだ人物だ。彼は対決には勝利したものの、その疲れ果てた心臓は動きを止めた。

2012年に行われた調査では、隣の席にいる人からさりげない、あるいは露骨な人種差別を経験したあとに、学生たちに簡単な作業をさせてその成果を比較した。その結果、隣に座ったときに数センチだけ離れるといったさりげない人種差別の方が、露骨な行為よりも成績を大きく妨げたという。

また2010年に行われた予備調査では、差別による攻撃を直接体験する以外にも、自分と同じエスニシティや人種の人が差別によって負傷・殺害された事件を目撃した学生に見られた、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状を列挙している。こうした事件を目撃した体験が多いほど、トラウマの兆候も多く見られたという。

「人々は、自分の個人的な経験と戦うだけではありません。その家族や友人、そして警官による殺人事件(日本語版記事)といった社会が経験する物事も、戦う対象に含まれるのです」と、ラトガーズ大学のナー・オヨ・クウェート准教授は話している。

社会における微妙な差別行動は、ニュースで大きく報道されるような警官による暴力事件ほど目立たないとはいえ、より広い健康被害につながっているのかもしれない。そして、そうした行動を根絶することは、警官を再訓練するよりはるかに難しいことなのかもしれない。

関連記事#blacklivesmatter:人種差別と戦うSNS