イングランドやポルトガルら強豪4カ国がU-20W杯の出場権を獲得《U-19欧州選手権》

写真拡大

▽18日にU-19欧州選手権のグループステージ全日程が終了した。この結果、グループステージを突破したポルトガル、イタリア、イングランド、フランスの4チームは、来年に韓国で開催されるFIFA・U-20ワールドカップ2017の出場権を手にした。

▽ポルトガル、イタリア、ドイツ、オーストリアが同居したグループAでは、フル代表がユーロ2016初優勝を飾ったポルトガルが、1勝2分けで首位通過を決めた。また、既にミランでトップチームデビューを飾ったMFマヌエル・ロカテッリらを擁するイタリアも1勝2分けで2位通過を決めた。

▽イングランド、フランス、オランダ、クロアチアが同居したグループBは、唯一の3連勝を飾ったイングランドが首位通過。共に2ゴールを記録したFWドミニク・ソランケとFWアイザイア・ブラウンのチェルシー勢、リバプールMFセイ・オジョ、トッテナムMFジョシュア・オノマーらが活躍した。2勝1敗で2位通過となったフランスは、パリ・サンジェルマンFWジャン=ケビン・オギュスタンとモナコFWキリアン・ムバッペの逸材コンビが、それぞれ5ゴールと3ゴールと躍動した。

▽なお、グループA首位のポルトガルはグループB2位のフランスと、グループB首位のイングランドは、グループA2位のイタリアと21日に準決勝を戦う。

▽また、準決勝進出を逃したものの、グループA3位のドイツとグループB3位のオランダは、U-20ワールドカップ出場を懸けてプレーオフを戦うことになる。