資産を失いプーチンに怒られた富豪は誰?[富豪のトリビア45 -Part7]

写真拡大

富豪たちはいかにして巨万の富を手にし、何を考え、どう使うのか。大金持ちの生態を解き明かす「45のトリビア」を、12回に分けて紹介する。第6回は転落の人生や
非業の死を遂げた富豪を紹介する。

Q プーチンに怒られた、ロシアでもっとも資産を失った富豪は?

ロシアのアルミ王、オレグ・デリパスカは、1993年にモスクワ大学物理学部を卒業してすぐにロシア・アルミ「ルサル」を設立し、次々と関連企業を買収。世界のアルミの8分の1を生産し、2008年にビリオネアの10位に登場した。プライベートジェットで来日しては箱根や湯河原に通い、寿司職人2人をモスクワに連れ帰り、ゲストハウスで働かせるほどの日本好きである。

しかし、金融危機以降、40.1億ドルを失い、最盛期に280億ドルあった資産は20.1億ドルに。また、労働争議が発生した工場をプーチン大統領が訪れ、デリパスカを幹部の前で叱りつけた。政権に近いことで隆盛を極めた新興財閥の「大恥映像」はYouTubeで晒されている。

Q 転落の人生を辿ったビリオネアは誰か?

1987年の第1回「世界のビリオネア」ランキングでは、西武鉄道創業家の堤義明がビリオネアの頂点に立った。堤は2007年までビリオネアであり続けた。だが、堤は05年に西武鉄道株式に関するインサイダー取引で逮捕された後、有罪が確定した。

パブロ・エスコバルは、コロンビア最大の麻薬密売組織「メジデン・カルテル」の創設者で、”麻薬王”として知られる大富豪。91年にコロンビアで服役した際には、サッカー場やディスコなど、エスコバル専用の豪華な設備を備えた刑務所に収監された。だが、その後93年に逃走を図り、コロンビア当局に銃殺されたとされる。

石油王として知られるポール・ゲッティの一族は、悲惨な末路を辿った。死後は遺産を巡る争いが絶えなかった。また長男のポール・ゲッティ3世は10代の頃に誘拐され、50代でドラッグ中毒により死亡。4男のゴードンは2つの家庭を持ち、その息子の1人は自宅浴室で遺体で発見されている。

Q 今年、ビリオネアが最も減った地域はどこか?

今年、「世界のビリオネアランキング」から陥落したのは221人。最も多く脱落者が出たのは中国の42人だった。これにアメリカの25人、ブラジルの23人、ロシアの19人、インドの15人が続いた。BRICsの浮き沈みの激しさが際立つ。

業種別には、ファッション・小売りが29人、製造業が25人、多角経営が24人と多かった。インド唯一の女性起業家のビリオネアだったキラン・マズムダル・ショウ、バイオエタノール分野で初めてリストに入ったルーベンス・オメットなどがリストから落ちた。

Q 非業の死を遂げた富豪は誰か?

大正末期から昭和初期にかけて、政治家や富豪が襲われる事件が相次いだ。

例えば東京大学の安田講堂や日比谷公会堂などを匿名で寄付したことでも知られる安田財閥の祖・安田善次郎は、1921年に国粋主義者に刺殺されている。32年の血盟団事件では、三井財閥の経営者・団琢磨と、日銀総裁や大蔵大臣を歴任した井上準之助が射殺された。

首相を経験した高橋是清や斎藤実らが暗殺された36年の二・二六事件でも、財閥の当主を狙う計画があった。事件発生直後、三井物産と三菱商事が海外の支店に一斉に電報を打ったといわれており、興味深い逸話が残っている。創業家を重んじる三菱商事は〈岩崎家安泰ナリ〉、資本の保全を第一に考えて利益を追求する三井物産は〈株ガ下ガル〉。緊急時の対応にお家柄が反映されているのが面白い。(菊地浩之)