[新共通ポイントの登場][電力自由化][コンビニの再編]etc.これからの共通ポイントは4強+αの時代に突入!!

電力の自由化やコンビニの合併などで、「共通ポイント」が生活に根ざしたものになりつつある。新しいポイントも登場し、ますます活発になるポイント業界の最新事情に迫る。

【NEWS 1】
新しい共通ポイントが次々と登場。注目はドコモの『dポイント』

 昨年12月1日からスタートした『dポイント』。クレジットカードの『dカード』で決済すると、ローソンやマクドナルドで最大6%(キャンペーン時)もお得になる。しかもドコモユーザーに限らず、誰もが得できるところも注目度が高い。

 これからJR東日本グループの『JRE POINT』も始まり、複数の共通ポイントが乱立。自分にとってどのポイントがお得か、しっかり吟味して活用したい。

『dポイントカード』

dポイントカード

全国のドコモショップや加盟店舗で無料で配布。『dアカウント』を登録して利用する。

『JRE POINTカード』

JRE POINTカード

新しいポイントカードは各駅ビルで無料で発行。従来の『アトレカード』や『ボックスヒルズカード』はそのまま使用できる。

●2月23日からはJR東日本の『JRE POINT』がスタート

 アトレやボックスヒルなど、JR東日本の駅ビルで発行していたポイントを『JRE POINT』に共通化。買い物100円ごとに1ポイント貯まり、1ポイントを1円で利用できる。将来的にはビューサンクスポイントやSuicaポイントとの共通化も予定されている。

JRE POINTカード

【NEWS 2】
4月からの電力小売り完全自由化で各社のポイント合戦が幕開け

 これまで地域の電力会社としか契約できなかった電気が、4月1日から自由化され、様々な会社から選べるようになる。付加価値を付けたい各社は、電気料金に応じたポイントを付与。自社のポイントを共通ポイントと交換できるようにするなど、ポイント合戦が始まっている。電気料金にポイントが付くと、毎月の生活で自然とポイントが貯められる。どのポイントが貯まるのかも、電力会社決定のひとつの選択肢になりそうだ。

主な電力会社のポイント一覧表(2月2日時点)

主な電力会社のポイント一覧表

〈そもそも電力の自由化って何?〉

そもそも電力の自由化って何?

地域の電力会社の独占供給がなくなり、ほかのエリアや新規参入の電力会社も、送電線をレンタルして全国各地の家庭に供給できる。

■『dポイント』の参入で4強時代になった共通ポイント
コンビニや電力会社との提携が加速

昨年12月1日にNTTドコモの『dポイント』が参戦し、4強となった共通ポイント。2月23日にはJR東日本の『JRE POINT』がスタートするなど、ますます激動の時代に突入する。

《4強時代の「共通 ポイント」を巡るポイント相関図》

4強時代の「共通 ポイント」を巡るポイント相関図

◎dポイントの今後の動きが注目される

 以前はTポイントとPontaポイントだけだったが、2年前の10月に楽天が、昨年12月にはドコモが参入し、今や4強となった共通ポイント。いったいどのポイントを使えば有利なのか、今後の展開について、カード評論家の岩田昭男さんに聞いた。

「今の共通ポイントは、Yahoo!ポイントがリアルに出ていくために、Tポイントと一緒になったことが始まり。コンビニはリアルの拠点となり、共通ポイントを語るうえで、とても重要な役割を担っています。中でもローソンは全方位外交でPontaに加えてドコモも受け入れたことで、おもしろい展開になっています」

 ローソンではdポイントとPontaポイントのどちらでも貯めることができ、相互交換も可能。ただ利便性やお得度を考えると、Pontaポイントからdポイントへの交換が有利だ(※)。

「ドコモは共通ポイント同士が手を結ぶという、これまでにないパターンを見せてくれました。dポイントはPontaポイントと相互交換をすることで、新たな顧客を集客できます。一方、ドコモには毎月、ケータイ料金分のポイントが入ってくる優良顧客が5400万人もいます。そのポイントを狙っているところは多いでしょう」と岩田さん。

 一方、JR東日本のJRE POINTはビューカードやSuicaのポイントと結びつくことで圧倒的なシェアを誇るので、独自路線を貫くと予想する。

「ただドコモのdポイントは眠れる獅子。どこと結びつくかでより強大な存在になり得るので、今後も目が離せません」

※Pontaポイント100ポイントがdポイント100ポイント、dポイント5000ポイントがPontaポイント5000ポイント(別途手数料250ポイント必要)に交換可能。

カード評論家 岩田昭男さん
カード評論家
岩田昭男さん

クレジットカードと消費者金融などについて20年以上も研究を重ねる。「岩田昭男のカード道場」でキャラクタークレカを紹介。

◆様々なポイントを集約しまとめて交換できるサイトも

 リアルでもネットでも利用できて便利な共通ポイント。お得なポイント交換所『ネットマイル』を利用することで、各サイトで貯めた個別のポイントを、共通ポイントや現金、電子マネーに交換できる。それぞれのポイントは少なくても、まとめるとそこそこになったりするもの。このサービスを利用すれば、共通ポイントをうまく活用できそうだ。

ネットマイル

ネットマイル

[こんなポイントがまとめられる]

こんなポイントがまとめられる

[こんなポイント(マイル)に交換できる]

こんなポイント(マイル)に交換できる

文/編集部